review

『おかえりモネ』第74回 りょーちんの「やせ我慢の美学」を表現する永瀬廉の俳優としての技能の高さ

『おかえりモネ』第15週「百音と未知」

第74回〈8月26日(木)放送 作:安達奈緒子、演出:一木正恵〉

※本文にネタバレを含みます

※『おかえりモネ』第75回のレビューを更新しましたら、Twitterでお知らせします


ふいにふらりと東京に現れた亮(永瀬廉)百音(清原果耶)に亮が何か言いかけた時、明日美(恒松祐里)未知(蒔田彩珠)が帰って来て……。

【レビュー一覧】『おかえりモネ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜第74回掲載中)

翌朝は菅波(坂口健太郎)と亮が鉢合わせして微妙な雰囲気に。亮が微笑めば微笑むほど本音を言えない彼の辛さが染みてくる。

亮の本音

百音「りょーちん、元気?」
亮「ん、なんで?」
百音「だって急に来るから」
亮「来ちゃダメなの?」
百音「そうじゃないけど」

特別な言葉が一個もないが、言葉ひとつひとつにいろんな妄想が沸いてきて、ものすごくドラマティックである。とくに亮の「来ちゃダメなの?」。永瀬廉のセリフの言い方も正鵠を射ていた気がする。いろんな言い方があるだろうが、甘くなく弱くなく強くなく、でも明晰。

『モネ』では永瀬廉の俳優としての技能の高さが際立っている。第73回で指摘したアルカイックスマイルの絶妙なコントロールといい、第74回の本音をひた隠す人物の強がりの魅力を例えば高倉健に代表される昭和の男のようなごりごりした感じを現代にも通じるように少しマイルドにして提示している。

先日、百音の父役の内野聖陽に『モネ』とは関係ない舞台『化粧二題』に関する取材をした時、「やせ我慢の美学」について語ってくれた。そういう概念は現代にはなくなってきているが、今でもあると思っていると内野は言っていた。あくまで舞台の登場人物の話をしただけであるが、今朝『モネ』を観て、亮にもその「やせ我慢の美学」があるように筆者は感じた。

『おかえりモネ』第74回 りょーちんの「やせ我慢の美学」を表現する永瀬廉の俳優としての技能の高さ
写真提供/NHK

百音がテレビに出たのを観ているのに、まだ観ていないと嘘をつく亮。第73回で観ている場面があるのであからさまに嘘なのだが、なぜそんな嘘をつくのか。その理由よりもこの場面で大事なのは、亮は常にそういうふうに本音を語らない人物であることだ。この場面があるからその後の亮の言動のどれが本音でどれが嘘なのか慎重に観ることができる。

ただ、未知の服を「かわいい」と言ったり、おずおずとそばに寄って来た未知に椅子を動かしさりげなく座るように示唆したりするところはしぶしぶやっているわけではなく、自然と身についた他者に対して親切であろうとする心がけなのであろう。椅子を動かすしぐさは、お盆のときに未知の背中をそっと支えたしぐさ(第12回)に次ぐヒットである。

本音を語らない亮が本音を言いかけたときに明日美がわいわい騒いで入ってきて、言葉を引っ込めてしまうことが切ない。そして明日美と亮は「軽々しく」言ってしまうタイプとして同類なのである。お互い、その軽々しさをわかって、さばけた関係になっているところこそ、『モネ』のおもしろいところである。

百音は亮と明日美とは違うタイプの自分に正直な人物だが、中継キャスターのときは「キャラを変えている」と言うように、彼女もまた少し、本音を隠す術を身に着けたのである。そんな百音にだから亮は本音を言いかけたのかもしれない。


この記事の画像

「『おかえりモネ』第74回 りょーちんの「やせ我慢の美学」を表現する永瀬廉の俳優としての技能の高さ」の画像1 「『おかえりモネ』第74回 りょーちんの「やせ我慢の美学」を表現する永瀬廉の俳優としての技能の高さ」の画像2 「『おかえりモネ』第74回 りょーちんの「やせ我慢の美学」を表現する永瀬廉の俳優としての技能の高さ」の画像3
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

おかえりモネ

おかえりモネ

NHK「連続テレビ小説」第104作目の作品。宮城県気仙沼市の離島・亀島で育った清原果耶演じるヒロインの永浦百音が、気象予報を通じて幸せな「未来」を届ける希望の物語。2021年5月17日~10月29日放送。

お買いものリンク