review

『おかえりモネ』第77回 百音はなぜ銭湯に住んでいるのか、久しぶりに語らう6人を見てわかった気がする

『おかえりモネ』第16週「若き者たち」

第77回〈8月31日(火)放送 作:安達奈緒子、演出:梶原登城〉

『おかえりモネ』第77回 百音はなぜ銭湯に住んでいるのか、久しぶりに語らう6人を見てわかった気がする
イラスト/AYAMI
※本文にネタバレを含みます

※『おかえりモネ』第78回のレビューを更新しましたら、Twitterでお知らせします


「りょーちん、このまま帰っちゃダメだよ」

百音(清原果耶)亮(永瀬廉)を汐見湯に連れて帰って来た。そこへ三生(前田航基)悠人(高田彪我)が高速バスで駆けつける。スマホ越しではなく久しぶりにリアルに出会えた亀島の同級生たちだったが、百音は菅波(坂口健太郎)との約束をすっかり忘れていたことを思い出す。

【レビュー一覧】『おかえりモネ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜第77回掲載中)

バスを待つ喫茶店は海の底のよう

第76回でメニューを見ている百音が何を頼むか――で「つづく」になった。第77回で百音が注文したのは紅茶だった。亮はお腹がすいたと言いながらオムライスを追加で頼まない。慎ましいふたり。

亮が時間を潰していた深夜営業の喫茶店は古く、昭和の喫茶店という雰囲気。寝ると店員に起こされるが、寝なければいつまでもいることはできる。訳ありで喫茶店にずっといる客たちと連帯感が芽生えると言う亮。かすかな連帯感のみで互いの内面に踏み込まない人たちに囲まれていることが「楽でいい」と感じている。

地元にいると彼がどういう境遇なのか多くの人が知っているし、彼の心境を気にかけ、腫れ物を扱うようにされていることも負担であろう。それでも地元で生きることを決めたから、音を上げるのは「だせえ」と考え、このまま地元に戻ろうとする亮の強がりを百音は引き止める。

このまま諦めて帰ったら、気持ちが鬱屈していくばかりだと感じたのだろう。期待に応えるのは「だんだん苦しくなる」、そう実感している亮をなんとかしてあげたいと百音は思う。

ステンドグラスのような窓の光は朝なのかよくわからない。まるで海の底にいるような、海の底はリアルに考えたら真っ暗だけれど、人魚姫とか浦島太郎とかの世界だとこんな感じのカラフルな作りもののような色味の印象である。この喫茶店にいる人たちは朝を待つ人たちで、まだ朝は来ていない。深い海の底にいるような時間を過ごしている。

いまの亮はそんな感じなのではないか。劇伴のピアノ曲はちょっと「月の光」を思わせるようなピアノ曲で、光がなかなか届かない海底感を募らせた。

『おかえりモネ』第77回 百音はなぜ銭湯に住んでいるのか、久しぶりに語らう6人を見てわかった気がする
写真提供/NHK

一方、気仙沼では朝の光が……

美波(坂井真紀)の死亡届を出すことを躊躇するあまり再び酒に溺れる新次(浅野忠信)に寄り添う耕治(内野聖陽)亜哉子(鈴木京香)。新次の気持ちはわかるが、亮のことも考えてやってほしいと耕治は言う。ホントそのとおり。新次が立ち直れないから亮に多大な負荷がかかっている。

親の責任を感じる3人。亜哉子は「親の私達が本気で明るい顔になってからじゃないとたぶんダメなのよ」と言う。亜哉子のいつも張り付いたような過剰な笑顔は彼女なりに頑張っていることがわかる。ありもので亜哉子は食事を作り、3人は美波の思い出話をしながら食べる。亡くなった人との楽しかった思い出を語り合う姿はまるでお通夜の席のようにも見える。このとき仮設住宅には白い朝の光が差し込んでいる。

「そういうときにこっちのことを忘れてしまう人のほうが僕は信用できます」

百音と亮の関係に含みをもたせて菅波に伝えた未知(蒔田彩珠)。そのまま地元に帰ろうとしたところに百音が亮を連れて帰って来た。それでも帰ろうとすると、今度は三生と悠人がやって来て帰るに帰れない。

未知は恵まれている。不器用でつい癇癪を起こして引っ込みもつかなくなってしまいがちだが、周囲が彼女をそれ以上暴走して取り返しがつかなくなる前にやさしく引き止めてくれる。

百音は未知に、三生たちと一緒に帰り、仙台から気仙沼まで亮に付き添ってとミッションを与える。未知が孤独にならず、かつ亮が孤独にならない最良の方法である。言い方悪いが、百音は亮に友情は持っているが、それ以上コミットする気はないのであろう。未知の思いを優先しているのと、当人、目下大事なのは菅波なのである。

約束をすっかり忘れていたが慌てて電話すると、「そういうときにこっちのことを忘れてしまう人のほうが僕は信用できます」となんてできたお言葉。「こっちのことを忘れてしまう人」というニュアンスに若干嫌味もこもっているような気もしないでないのが菅波節。でも百音は胸いっぱいの表情。

菅波は百音が気づかずスルーしていた仕事をフォローしていた。百音も本来休みのはずの日曜日の午前中から稼働させられていて大変である。


この記事の画像

「『おかえりモネ』第77回 百音はなぜ銭湯に住んでいるのか、久しぶりに語らう6人を見てわかった気がする」の画像1 「『おかえりモネ』第77回 百音はなぜ銭湯に住んでいるのか、久しぶりに語らう6人を見てわかった気がする」の画像2 「『おかえりモネ』第77回 百音はなぜ銭湯に住んでいるのか、久しぶりに語らう6人を見てわかった気がする」の画像3
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

おかえりモネ

おかえりモネ

NHK「連続テレビ小説」第104作目の作品。宮城県気仙沼市の離島・亀島で育った清原果耶演じるヒロインの永浦百音が、気象予報を通じて幸せな「未来」を届ける希望の物語。2021年5月17日~10月29日放送。

お買いものリンク