review

『おかえりモネ』第76回 亮が本音を言えるのはなぜ百音だけなのか 明日美の言葉が胸に響く

『おかえりモネ』第16週「若き者たち」

第76回〈8月30日(月)放送 作:安達奈緒子、演出:梶原登城〉

※本文にネタバレを含みます

※『おかえりモネ』第77回のレビューを更新しましたら、Twitterでお知らせします


しんどい日々に耐えかねて「もう全部辞めたいわ」と自棄になった亮(永瀬廉)。だが、気を取り直して新宿から高速バスに乗って気仙沼に帰ることにしたと亜哉子(鈴木京香)から聞いた百音(清原果耶)は一日だけ休ませてあげたくて亮を連れ戻しに行く。

【レビュー一覧】『おかえりモネ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜第76回掲載中)

何も知らず、前日仕事で中止になったデートをやり直そうと汐見湯にやって来た菅波(坂口健太郎)未知(蒔田彩珠)は百音が亮のところに行ったと含みをもたせて告げる。

百音、未知、そして明日美(恒松祐里)、3人それぞれの思いが部屋に充満し息詰まる緊張感。とりわけ百音と未知の間に立って気遣う明日美を支持する声がネットで多くあがり、Twitterトレンド1位になった。

「りょーちんバス乗せないで」

百音の電話に出た亮は「俺、やっぱ百音しか言える相手いない」と涙声になる。傍らでそのその言葉を聞いて傷つく未知もまた「逃げたいんだよ、ホントは。でも逃げらんないじゃん」と百音には抱えていた本音を言っていることに自分では気づいていない。

「なんでお姉ちゃんなの?」は亮が百音に頼っていることへの嫉妬のみならず、地元から逃げるきっかけを得られたのが百音だったことにもかかっているように感じた。あの日津波を見なかったことをきっかけに百音は地元を離れた。当人はいつか地元の役に立つためにあえて地元を離れているわけだが、地元に残った亮や未知からしたら重荷を背負わず済んでうらやましいと思ってしまうのではないだろうか。

「たまにはいいじゃない、そういう格好も」とおしゃれした未知に亮が言うのは、彼らがそういうよそゆきの服装をすることなく、常に地元とともに歩んでいるからで、たまにはしがらみを忘れて楽しみたいなと思っているのだ。だから仕事で千葉に来たついでに百音のところに立ち寄った。

未知が東京の象徴のような服(そうはいってもかなり素朴なもの)を投げつける心理には地元に残ったプライドと同時に残ったからといって何ができるか実感できない寂寥感であろう。

寝室を飛び出した未知は1階のフリースペースで昨夜亮が座っていた場所に座る。ここに座って彼が何を考えていたのか思いを巡らしているのだろう。

『おかえりモネ』第76回 亮が本音を言えるのはなぜ百音だけなのか 明日美の言葉が胸に響く
写真提供/NHK

百音がやってきて声をかけられずにいると、銭湯から掃除する音が聞こえてくる。宇田川さんが掃除をはじめたのだ。未知は帰らなきゃ……と立ち上がる。以前、水の音を聞くと地元を思い出すと帰り仕度をはじめた龍己(藤竜也)と同じリアクションである。ここにも亀島に生まれ育ち水産業者を生業に選んだ者の特性が出る。

亮が朝8時20分のバスに乗ると見当をつけた百音と明日美がバス停に向かおうとするが、未知は行こうとしない。亮が必要としているのは百音だと感じるからだ。

いじけている未知と一緒に残ることにした明日美。「こういう時、りょーちんが本音を言うのは百音だよ。昔からそうじゃん。なんだろうね、そういう関係。むかついた時期もあったけど」「あいつはね、カッコつけるからね、私やみーちゃんには」などとちょっとおどけた調子で言って、場をこれ以上暗くしないように気遣う明日美。彼女もまた過去、どれだけ亮が好きでも振り向いてもらえなかった経験があるから未知の気持ちがわかるのだ。

「あいつはね、カッコつけるからね、私やみーちゃんには」は未知への気遣いと同時に強がりでもあるだろう。フラれた経験のある者なら明日美の気持ちが痛いほどわかるはず。それでも亮を思いやり、「りょーちんバス乗せないで」と百音に託す。


この記事の画像

「『おかえりモネ』第76回 亮が本音を言えるのはなぜ百音だけなのか 明日美の言葉が胸に響く」の画像1 「『おかえりモネ』第76回 亮が本音を言えるのはなぜ百音だけなのか 明日美の言葉が胸に響く」の画像2 「『おかえりモネ』第76回 亮が本音を言えるのはなぜ百音だけなのか 明日美の言葉が胸に響く」の画像3
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「デート」に関する記事

「デート」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「デート」の記事

次に読みたい「デート」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

おかえりモネ

おかえりモネ

NHK「連続テレビ小説」第104作目の作品。宮城県気仙沼市の離島・亀島で育った清原果耶演じるヒロインの永浦百音が、気象予報を通じて幸せな「未来」を届ける希望の物語。2021年5月17日~10月29日放送。

お買いものリンク