review

『おかえりモネ』第107回 イブの夜でも“定時”の男・亮、“俺たちの菅波”からの電話に出ない百音

『おかえりモネ』第22週「嵐の気仙沼」

第107回〈10月12日(火)放送 作:安達奈緒子、演出:桑野智宏〉

※本文にネタバレを含みます

※『おかえりモネ』第108回のレビューを更新しましたら、Twitterでお知らせします


未知(蒔田彩珠)と比べれば菅波(坂口健太郎)がいる百音(清原果耶)は幸せ。愛があるから♡ ……と思いきや、百音も幸せを噛み締めてばかりもいられない。気仙沼で気象情報サービス事業がいっこうに進展しないでいた。

【レビュー一覧】『おかえりモネ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜第107回掲載中)

漁港組合の滋郎さん(菅原大吉)に営業に行くが「悪くなる予想ばかりされても困るのよ」と漁労長(平野貴大)に言われ、滋郎さんは長い経験と勘に自信があるから受け付けない。

ここで気になるのは、百音が営業する時もいつものささやき声で営業スマイルもしないこと。誰もがいつでもどこでも百音のように無理せずありのままのスタイルでいられたらいいとは思う。けれどさすがに百音はちょっとマイペース過ぎるだろう。

登米ではラフターヨガでは無理して明るく笑っていたし、『あさキラッ』の中継で無理なく感じ良い笑顔と発声ができているのだからできないわけじゃないはずで。やればできる姿を描いてしまっているため、百音のことは大好きなのだけれど、彼女の人との接し方がどうにも不自然に思えてならない。ここでは「うまくいかない」ことを描かないといけないので沈んだ空気を出すことが必要なのだろうと理解しておく。

どうにも地元に馴染めない百音に対して、三生(前田航基)はコミュニティFMで人気を得ていた。クリスマスが近いのに「仏様のような心持ちで過ごしましょう」と言ってしまう自分の仕事に誠実なところも愛される所以だろう。

でも三生はその人気を地元の寺の副住職だからと認識している。悠人は市役所、三生は寺、亮は漁師、未知は水産試験場と地元に直接的に役に立ち、しかも長く地元に根付いた仕事であることが重要なのだと三生は感じている。対して百音の仕事は新規のもので、場合によったら滋郎さんたちが自分たちでやってきたプロの感覚を否定しかねないのである。でも百音は「三生は三生だからだよ」と言う。

『おかえりモネ』第107回 イブの夜でも“定時”の男・亮、“俺たちの菅波”からの電話に出ない百音
写真提供/NHK

悩んだ百音は、唐突に登米のサヤカ(夏木マリ)に電話して相談し、サヤカらしいバイタリティあふれる言葉で発破をかけられる。サヤカは地主のお嬢さま(姫)ではあるが、そこで新しい事業――森林組合やカフェ付きの診療所を作ることを地元の人たちに認めてもらって信頼を獲得するのに何年もかかったという。

何年かかったんだろう。でもサヤカは伊達の家臣の末裔で地主だからなあ。百音だって水産業の名士・龍己(藤竜也)の孫なのに。しかも耕治(内野聖陽)は気仙沼の銀行の融資担当だし、三生の言い分から考えたらもうちょっと地元の人に信頼されてもおかしくないはずなのだが……。

そもそも百音は本土より亀島から攻めると作戦変更したはずがそちらのほうは進行しないで、本土の人とやりとりして受け入れてもらえず落ち込むのはなぜなのか。農家の相談を受けるもたいしたアドバイスができず、テンションは下がりっぱなし。朝ドラ名物、後半戦は展開が苦しくなってくるというパターンであろうか。『モネ』自体は意義深いドラマと感じているので、今週入れて3週間、踏ん張ってほしい。


この記事の画像

「『おかえりモネ』第107回 イブの夜でも“定時”の男・亮、“俺たちの菅波”からの電話に出ない百音」の画像1 「『おかえりモネ』第107回 イブの夜でも“定時”の男・亮、“俺たちの菅波”からの電話に出ない百音」の画像2 「『おかえりモネ』第107回 イブの夜でも“定時”の男・亮、“俺たちの菅波”からの電話に出ない百音」の画像3
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

おかえりモネ

おかえりモネ

NHK「連続テレビ小説」第104作目の作品。宮城県気仙沼市の離島・亀島で育った清原果耶演じるヒロインの永浦百音が、気象予報を通じて幸せな「未来」を届ける希望の物語。2021年5月17日~10月29日放送。

お買いものリンク