review

『おかえりモネ』第106回 気仙沼の漁師演じたサンドウィッチマンと菅原大吉の本物かのような自然さ

『おかえりモネ』第22週「嵐の気仙沼」

第106回〈10月11日(月)放送 作:安達奈緒子、演出:桑野智宏〉

※本文にネタバレを含みます

※『おかえりモネ』第107回のレビューを更新しましたら、Twitterでお知らせします


百音(清原果耶)未知(蒔田彩珠)の恋もよう。百音のほうは菅波(坂口健太郎)に「年明けにはそっち(亀島)行く」と重大決意を告げられる。百音の性格上、感情を大きく出さないものの内心、かなり嬉しく思っていることは伝わって来た。

【レビュー一覧】『おかえりモネ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜第106回掲載中)

一方、未知は亮(永瀬廉)に何も言えないままで相変わらず沈み顔。亮のほうは船を買うため一発クロマグロ漁に挑もうと考える。

これまで土曜日の総集編に登場していたサンドウィッチマンの伊達みきおと富澤たけしが漁師役で登場。気仙沼出身ならではの地元言葉でご土地の雰囲気を見事に作りあげていた。

「助けてくださいって言ってもらえるのって、すごく幸せなことなんですね」

「亮くんとのことがはっきりしないと私、何も決められない」と未知が思い詰めているところに、新次(浅野忠信)と亮がやって来た。雅代(竹下景子)の七回忌の法要に出席できなかったからとお土産にいちごを携えて。いちごの華やいだ赤は新次がだいぶ明るさを取り戻したように感じさせる。

イチゴ農家を手伝っている新次は笑顔。でも亮との関係は疎遠で、別々に暮らしている。雅代に線香をあげることを理由にして久しぶりに会ったのだった。亮が船を買おうとしていることは誇らしく思っているけれど、新次自身は未だ海に戻る気はない。そっちの話になりそうになると途端に顔が曇り、取り付く島もない。

新次は第15週、震災から5年が経ち、美波(坂井真紀)の死亡届を出したいという義母(美波の母)の申し出を拒否して美波の死を認めたくないと苦しんで以来の登場である。あれから3年。震災から8年。どうやら新次は吹っ切れていないようだ。

3年前、亮は父の態度に疲れ果て、漁師を辞めようとしたり百音にすがったりした(第15週)。その後も新次と亮は気まずい関係を続けていることが第22週でようやくわかった。けっきょく、死亡届は出したのか出してないのかはわからない。

朝ドラはすぐにいろんなことが解決しがちなのだが、こんなにも明かされないことがあるのは珍しい。現実だと他者のプライベートについて、当人たちが開示しない限り、詳しく知ったり関わったりする機会はないものだから、不自然ということはない。人間関係が密な亀島とはいえ、及川家に関しては触れにくいところがあるのだろう。

「助けてくださいって言ってもらえるのって、すごく幸せなことなんですね」と百音が菅波に(百音の両親に挨拶に行くに当たって)「助けてください」と言われたことに反応してしみじみつぶやく言葉は実感がこもっている。及川父子の場合、ふたりそろって誰にも「助けて」が言えないでいる。

『おかえりモネ』第106回 気仙沼の漁師演じたサンドウィッチマンと菅原大吉の本物かのような自然さ
写真提供/NHK

未知は亮に「助けて」と言ってほしいのに亮は言わない。黙って父の好きそうな船を買おうとしている健気さ。そう思うと百音は、我慢強い亮が珍しく助けを求めたにもかかわらずその手を握り返すことをしないとは今更ながらなかなか酷である。「お姉ちゃんは正しいけど冷たいよ」と未知が責めたのももっとも。

百音にとって「助けてくださいって言ってもらえるのって、すごく幸せなことなんですね」は自分が言ってほしい人に言ってもらうことの幸せである。亮に助けを求められたことをすっかり忘れて今の自分の幸福を噛みしめる百音を見ていて思うのは、『モネ』ではつくづく人生と恋愛がニコイチのようになっているなあということだ。震災経験の苦悩や仕事と恋愛感情が同時進行かつ混ぜて描かれている。

未知は「亮くんとのことがはっきりしないと私、何も決められない」と人生の選択基準が亮なのである。震災に関しても『モネ』では大事な人を失った新次の哀しみにフォーカスされている。それが引っかかる視聴者もいるだろう。でも人はひとりでは生きられない。人類の哀しみも喜びも愛する人にまつわるものなのだ。じつに人間臭いドラマである。


この記事の画像

「『おかえりモネ』第106回 気仙沼の漁師演じたサンドウィッチマンと菅原大吉の本物かのような自然さ」の画像1 「『おかえりモネ』第106回 気仙沼の漁師演じたサンドウィッチマンと菅原大吉の本物かのような自然さ」の画像2 「『おかえりモネ』第106回 気仙沼の漁師演じたサンドウィッチマンと菅原大吉の本物かのような自然さ」の画像3
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

おかえりモネ

おかえりモネ

NHK「連続テレビ小説」第104作目の作品。宮城県気仙沼市の離島・亀島で育った清原果耶演じるヒロインの永浦百音が、気象予報を通じて幸せな「未来」を届ける希望の物語。2021年5月17日~10月29日放送。

お買いものリンク