review

中村倫也と向井理の実直な演技の積み重ねが生み出すリアリティーに注目 いのうえ歌舞伎『狐晴明九尾狩』

撮影/田中亜紀

人間とあやかしが共存する世を描く、いのうえ歌舞伎『狐晴明九尾狩』

劇団☆新感線 41周年興行 秋公演 いのうえ歌舞伎『狐晴明九尾狩』は陰陽師・安倍晴明(中村倫也)が活躍する伝奇ファンタジー時代劇。陰陽師とは祈祷や占術を行う者で、平安時代の京都、人間とあやかしが共存する世の中、貴族たちは陰陽師の力を借りて人間の平和を維持していた。

【関連レビュー】中村倫也 見ている者の好きなように変化する、新時代の人気俳優

安倍晴明はとても優秀な陰陽師ながら、帝の母として権力を誇る元方院(高田聖子)に疎まれていた。狐と人間の間に生まれた者と言われていたからだ。元方院が気に入っているのは陰陽師宗家跡取りの賀茂利風(向井理)。正統派の利風と異端の晴明とは幼い頃から共に学んだ良きライバルであり良き友人である。

中村倫也と向井理の実直な演技の積み重ねが生み出すリアリティーに注目 いのうえ歌舞伎『狐晴明九尾狩』
撮影/田中亜紀

利風がさらに力をつけるために大陸留学に出かけ帰ってきた時と同じ頃、大陸からあやかし・九尾の妖狐が日本に渡り京の都を脅かそうとしていた。元方院は利風を蔵人所陰陽師に任命し、それまで尽力していた晴明を追い出す。だが戻ってきた利風は九尾の妖狐のなりすましだった。

晴明は、妖狐を追って日本にやって来た桃狐霊(タオフーリン/吉岡里帆)藍狐霊(ランフーリン/早乙女友貴)からもたらされた警告を聞き、九尾の妖狐を倒そうと策を練る。

ホンモノの妖狐と、狐と人間の子とされている晴明のばかし合いを軸に、個性豊かな人やあやかしが入り乱れる。元方院に仕える左大臣・藤原近頼(粟根まこと)、橘師師(右近健一)、都を守る意思の強い実直な検非違使・尖渦雅(浅利陽介)、野武士集団・虹川党を率いる虹川悪兵太(竜星涼)、飄々として本性が読めない陰陽師・蘆屋道満(千葉哲也)等々、登場人物全員、キャラが立っている。

中村倫也と向井理の実直な演技の積み重ねが生み出すリアリティーに注目 いのうえ歌舞伎『狐晴明九尾狩』
撮影/田中亜紀

晴明と、利風に化けた妖狐はもちろんのこと、ピンクがメインカラーのタオとブルーのランはポップなカラーリングで、しっぽと耳がついてアニメやゲームのキャラクターのようである。彼らは俊敏な殺陣で大活躍する。

あやかしたちもゲームやアニメのキャラクターのようなビジュアルで目に楽しい。妖術や呪術の飛び交う世界は稲光のような照明がバッキバキに縦横無尽に刺さるように当たる。アナログであることが逆に臨場感たっぷりで盛り上がる。

演出のいのうえひでのりが「新しい世代のいのうえ歌舞伎をお見せできると思う」とコメントしているように、41年目という長さに落ち着くことなくまだ新しい方向を模索する、その枯れることない探究心は頼もしい。

脚本家の中島かずきはアニメにも造詣が深く、獣人や動物擬人化など萌えのツボをよくわかった描写は申し分ない。とりわけ注目すべきは晴明と利風(妖狐になる前)のブロマンス風味の塩梅であろうか。やり過ぎず、やらなさ過ぎずのちょうどいいところを描いて、中村倫也と向井理の持ち味も生かしながら観客が妄想を膨らますこともできる。

中村倫也と向井理の実直な演技の積み重ねが生み出すリアリティーに注目 いのうえ歌舞伎『狐晴明九尾狩』
撮影/田中亜紀

そこで、ここからは中村倫也と向井理中心でレビューしていく。いのうえの言う新しさは中村倫也と向井理が醸す個性に強く現れているようにも感じたからである。ふたりは今をときめく人気者でありながら実直でどことなく控えめにすら見え、そこが極めて現代的(令和的)な印象を受けたのだ。

物語にリアリティを加える中村倫也と向井理の実直な演技

たくさんのテレビドラマや映画に引っ張りだこの中村と向井は誰よりも強烈にギラギラ輝く太陽というよりはふたりそろって静かで澄んだ月の光のようだった。ふたりは激しい殺陣でぶつかり合うというよりも心理戦のスリルを盛り上げるのである(殺陣もあります)。

まず、中村は登場した時、主人公にしてはどこか控えめに筆者は感じた。中央で決めポーズをするその顔は舞台メイクがしっかり施されきりっとして主役然としているが、ものすごく技術が高く、声も動きも自在に操り圧倒的な安定感があって、安定感があり過ぎるところが落ち着いた優秀なバイプレーヤーのように見せてしまいかねなく感じてしまうというパラドキシカルなものを感じたのである。

中村倫也と向井理の実直な演技の積み重ねが生み出すリアリティーに注目 いのうえ歌舞伎『狐晴明九尾狩』
撮影/田中亜紀

そこがトリッキーなところであって、それには意味があることがあとでわかる。彼が演じる晴明は陰陽師の世界で中心に立つ役割ではない。中心に立つべき存在は利風(実際は彼になりすました野望にあふれた妖狐である)のほうなのだ。だから利風が登場する時は圧倒的に輝いている。


この記事の画像

「中村倫也と向井理の実直な演技の積み重ねが生み出すリアリティーに注目 いのうえ歌舞伎『狐晴明九尾狩』」の画像1 「中村倫也と向井理の実直な演技の積み重ねが生み出すリアリティーに注目 いのうえ歌舞伎『狐晴明九尾狩』」の画像2 「中村倫也と向井理の実直な演技の積み重ねが生み出すリアリティーに注目 いのうえ歌舞伎『狐晴明九尾狩』」の画像3 「中村倫也と向井理の実直な演技の積み重ねが生み出すリアリティーに注目 いのうえ歌舞伎『狐晴明九尾狩』」の画像4
「中村倫也と向井理の実直な演技の積み重ねが生み出すリアリティーに注目 いのうえ歌舞伎『狐晴明九尾狩』」の画像5 「中村倫也と向井理の実直な演技の積み重ねが生み出すリアリティーに注目 いのうえ歌舞伎『狐晴明九尾狩』」の画像6 「中村倫也と向井理の実直な演技の積み重ねが生み出すリアリティーに注目 いのうえ歌舞伎『狐晴明九尾狩』」の画像7 「中村倫也と向井理の実直な演技の積み重ねが生み出すリアリティーに注目 いのうえ歌舞伎『狐晴明九尾狩』」の画像8
「中村倫也と向井理の実直な演技の積み重ねが生み出すリアリティーに注目 いのうえ歌舞伎『狐晴明九尾狩』」の画像9
編集部おすすめ

あわせて読みたい

向井理のプロフィールを見る
レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「向井理」に関する記事

「向井理」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「向井理」の記事

次に読みたい「向井理」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク