review

『おかえりモネ』第118回 未知が心に秘めてきたことを百音に明かす(残り3回で大きすぎるエピソード)

『おかえりモネ』第24週「あなたが思う未来へ」

第118回〈10月27日(水)放送 作:安達奈緒子、演出:一木正恵〉

※本文にネタバレを含みます

※『おかえりモネ』第119回のレビューを更新しましたら、Twitterでお知らせします


この回入れてあと3回。あと3回しかないところに抱えきれないほど大きなエピソードが描かれた。

【レビュー一覧】『おかえりモネ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜第118回掲載中)

「みーちゃん、あの日、何があったの?」
「助けてって言ってたんだよね」

百音(清原果耶)未知(蒔田彩珠)が9年間、たったひとり心に秘めてきたことを知る。あの日、東日本大震災が起こった日に百音は本土にいて、数日後亀島に戻って未知に再会した時、彼女の様子がどこかおかしかったことを百音は薄々感じていたが聞けないまま9年が経っていた。9年前の回想と2020年の設定の映像を並べると、清原果耶も蒔田彩珠も中学生らしい初々しさがある。化ける力がすごい(褒め言葉です)。

「私、あの時、おばあちゃんを置いて逃げた」

未知が振り絞るように告白すると、それまでやさしく鳴っていた曲がぴたりと止まる。何度も出てきた回想シーン。永浦家でおばあちゃんの雅代(竹下景子)がじっとうなだれて動かない姿以外、前後は何もわからないまま。それがこの物語の最大のミステリー部分であった。

雅代が亡くなったのは震災が原因でないことは早いうちに明かされていたが、意味深な震災時の雅代の姿は未知の脳裏に強烈に残って決して消えることのない像だったのであろう。

「私は絶対自分を許すことはできない」と思い詰める未知を見ると、9年間、何かとメンタルが不安定に感じられる言動を繰り返していたことにも合点がいく。低い自己肯定感、仕事や恋に激しく思いつめ依存するような態度、姉への対抗心、ふいに出る理不尽に暴力的な言動、常に伏し目がちで浮かない表情……等々。

震災で津波が来た時は誰もが必死だったから未知がそんなに思いつめることはないのに……と傍からは思うが、当人が自責の念にかられることは無理もないと感じる。

亮への思いが通じてホッとしたのか、未知の最大の悩みが心の中の大半を占めたのかもしれないが、こんな思いを抱えていたら人を好きになれない気もしてしまう。亮が大切な人をなくすことをおそれ大切なものをつくらないようにしていたことと同じように、どれだけ島のために働いてもそれだけでは満たされず、自分は幸せになってはいけないと自制してしまいそう。

でも未知の場合、救いを求める人が亮しかいなかったのだろう。これが亮の役に立つことで自分の罪を償いたいと思っていたとしたら辛すぎるだろう。けっきょく、何を選んでも未知は辛い。その複雑な状況や感情を託された蒔田彩珠はさぞや重責であったに違いない。

『おかえりモネ』第118回 未知が心に秘めてきたことを百音に明かす(残り3回で大きすぎるエピソード)
写真提供/NHK

未知より前に亜哉子(鈴木京香)も生徒を置いて逃げようとしたことを明かしている。彼女は大人の冷静さを発揮してすぐに生徒の元に引き返したが、未知はどうやらひとり夢中で家を離れてそのまま学校に避難したようだ。『しかたなかったと言うてはいかんのです』という戦後のドラマをNHKが制作していたが、未知のしたことは「仕方なかった」と言ってもいいのではないだろうか。

他者を置いて逃げた負い目を描く作品

震災のとき、他者を置いて逃げたことに対する負い目を描いたドラマがある。テレビ朝日の昼の帯ドラマ『やすらぎの郷』(2017年)である。半年間にわたるドラマの終盤、主人公(石坂浩二)のファンだと言って現れた若い脚本家志望の女性(清野菜名)が津波に遭った時、祖母の手を離してしまった経験をもとに脚本『手を離したのは私』を書き、その壮絶な内容にベテラン脚本家である主人公が打ちのめされるエピソードは鮮烈だった。

その後、朝ドラ『半分、青い。』(2018年)では主人公(永野芽郁)の親友(清野菜名)が看護師として最後まで患者と共にいて命を落とすエピソードが描かれた。演じた俳優が清野菜名だったこともあって『やすらぎの郷』を意識したもののようにも感じられた。

ともあれ、作り手の多くは災害を題材にし、中でも誰かを助けられずに生き残った者の懊悩を物語にする。朝ドラ『スカーレット』(2019年)では空襲で逃げる途中、主人公(戸田恵梨香)に手を離された妹(桜庭ななみ)はPTSDになってなにかと姉を苛む。


この記事の画像

「『おかえりモネ』第118回 未知が心に秘めてきたことを百音に明かす(残り3回で大きすぎるエピソード)」の画像1 「『おかえりモネ』第118回 未知が心に秘めてきたことを百音に明かす(残り3回で大きすぎるエピソード)」の画像2 「『おかえりモネ』第118回 未知が心に秘めてきたことを百音に明かす(残り3回で大きすぎるエピソード)」の画像3
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

おかえりモネ

おかえりモネ

NHK「連続テレビ小説」第104作目の作品。宮城県気仙沼市の離島・亀島で育った清原果耶演じるヒロインの永浦百音が、気象予報を通じて幸せな「未来」を届ける希望の物語。2021年5月17日~10月29日放送。

お買いものリンク