review

『おかえりモネ』第117回 ニコイチの百音と菅波 離れてもいても大丈夫、アドバイスもくれる。益々いい

『おかえりモネ』第24週「あなたが思う未来へ」

第117回〈10月26日(火)放送 作:安達奈緒子、演出:一木正恵〉

※本文にネタバレを含みます

※『おかえりモネ』第118回のレビューを更新しましたら、Twitterでお知らせします


この回入れてあと4回。百音(清原果耶)未知(蒔田彩珠)も幸せの道を進みはじめたところ、2020年1月14日(火)、「感染症」に関することで呼吸器専門の医師である菅波(坂口健太郎)が急遽東京に戻ることになる。

【レビュー一覧】『おかえりモネ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜第117回掲載中)

現実の話だと、2020年、厚労省は1月16日に、14日、神奈川県内の医療機関から管轄の保健所に対して、中華人民共和国湖北省武漢市の滞在歴がある肺炎の患者が報告され、15日に新型コロナウイルス陽性の結果が得られたと報道している。

それを思うと、14日に菅波が秘密裏に呼び出されることにはリアリティーがあり過ぎるほどである。物語(フィクション)のなかに現実にあったことを入れるとぴりっと引き締まる。とはいえ、このスパイスを辛く感じない人は少なくないであろう。

東日本大震災に遭って深い傷を負った百音たち。「大事な人達が幸せになる。こんなに嬉しいことない。よかった」と自分の幸福のみならず、未知や幼馴染の幸福を思って体の内を震わせるように喜ぶ百音。ああそれなのにそれなのに……。東日本大震災のみならず、昔からずっと自然災害に遭うたびにその都度立ち上がり続けてきた人たちにまたしても新たな試練が……。

物語とは厳しい現実をひととき忘れるためのものかと思いきや、現実を客観的に見つめ考えるための物語もある。百音たちの行く手を思い浮かべると、中島みゆきの「時代」の歌詞が浮かんでくる(ご存知ない方は検索してみてください)。

決意をもって永浦家にやって来た菅波だったが、肝心の耕治(内野聖陽)がいない。「逃げたんだろう」と龍己(藤竜也)は笑いながら自室に戻る。百音が龍己のもとへ行くとご機嫌で「男を見る目っていうか、そういう才覚は俺のハニー…ばあちゃん譲りだな」と龍己は百音と未知のことを祝福した。

居間に残って借りてきた猫のようになっている菅波には亜哉子(鈴木京香)がついていて、同じ外から来た者として励ます。

『おかえりモネ』第117回 ニコイチの百音と菅波 離れてもいても大丈夫、アドバイスもくれる。益々いい
写真提供/NHK

百音と菅波がお互いの今後の話をしていると、耕治が酔っ払って帰って来た。酔わないとまともに向き合えない耕治の人間臭さ。百音に、恋人に堅苦しい話ばかりしているとからかうが、耕治も今後の仕事の展望について菅波と嬉々として話す。俗っぽい話がいっさいなく、じつに真面目な人たちである。

百音の仕事の構想についての菅波の反応に「やっぱり無謀と思ってる」と非難するような目をしたときの清原果耶の目の鋭さ。やっぱり清原はこの野生の獣のような強さを感じさせる表情が真骨頂だが、百音ではそれをできるだけ封印しているように見える。

百音は耕治と養殖と科学の話をするときも生き生きしている。菅波もそこに加わって話が盛り上がり、その流れで結婚(交際?)の許可をもらおうとする菅波。百音も「うん、私は先生じゃないとだめだから」と耕治に宣言する。甘いセリフも清原が言うと甘くなり過ぎない。そこがいい。


この記事の画像

「『おかえりモネ』第117回 ニコイチの百音と菅波 離れてもいても大丈夫、アドバイスもくれる。益々いい」の画像1 「『おかえりモネ』第117回 ニコイチの百音と菅波 離れてもいても大丈夫、アドバイスもくれる。益々いい」の画像2 「『おかえりモネ』第117回 ニコイチの百音と菅波 離れてもいても大丈夫、アドバイスもくれる。益々いい」の画像3
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

おかえりモネ

おかえりモネ

NHK「連続テレビ小説」第104作目の作品。宮城県気仙沼市の離島・亀島で育った清原果耶演じるヒロインの永浦百音が、気象予報を通じて幸せな「未来」を届ける希望の物語。2021年5月17日~10月29日放送。

お買いものリンク