『おかえりモネ』第24週「あなたが思う未来へ」

最終回〈10月29日(金)放送 作:安達奈緒子、演出:一木正恵〉

『おかえりモネ』百音と菅波のように、人々もまた手を繋いで歩き出せるように――祈りのような終幕
イラスト/AYAMI
※本文にネタバレを含みます

※エキレビ!を更新しましたら、Twitterでお知らせしています


最終回。未知(蒔田彩珠)の大学進学を祝うため百音(清原果耶)の幼馴染が永浦家に久々に全員集合した。三生(前田航基)、悠人(高田彪我)、明日美(恒松祐里)、ちょっと遅れて亮(永瀬廉)

【レビュー一覧】『おかえりモネ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜最終回まで掲載中)

そこで百音は9年の間開けることのなかった楽器ケースの蓋を開ける。中にはピカピカのサックスと2011年3月12日に行われるはずだった吹奏楽部の卒業コンサートのチラシが入っていた。

未来に夢いっぱいで、なんでもできると思っていた中学3年生のおわり。それが3月11日にふいに起こった震災でぷつりと途切れた。百音は何もできない無力感に苛まれ、そこから抜け出せなくなった。抜け出すために地元を出て、登米と東京に行って、たくさんの体験や学びを得て気象予報士として地元に帰ってきた。

どんなにがんばって生きてきても楽器ケースを見るとその時のことが思い出されそうで見ないようにしてきた百音だったが、ついに「もう何もできないなんて思わない」と微笑む。「おかえり」と未知。「おかえりモネ」と亮。仲間たちは手をつなぎ、なんでもできそうだったあの頃に「おかえり」した。

楽しそうにはしゃぐ子供たち(もう大人だけど)の声を聞き、安堵したような顔になる亜哉子(鈴木京香)。娘ふたりが立ち直ってさぞホッとしたことだろう。娘たちの問題にぐいぐいと踏み込まず、彼女たちが自分の力で解決していくに任せる広い心を感じるお母さんであった。

『おかえりモネ』百音と菅波のように、人々もまた手を繋いで歩き出せるように――祈りのような終幕
写真提供/NHK

とはいえ、これで万事OKにならないのが『おかえりモネ』の世界。亮がついに自分の船を手に入れて、そのお披露目の日、耕治(内野聖陽)は「見だら俺が救わえれでしまうんじゃねがっで」と家を動かない。長らく何ができるか考えていたことはそんなに簡単には済まされないという耕治の自制的な言葉を聞いて百音の表情が変わる。百音こそ、それをずっと戒めるように生きてきたからであろう。

「あなたのおかげで救われた」という言葉は麻薬のようだから用心するように百音に言ったのは菅波(坂口健太郎)で、人のためと思うことはけっきょく自分のためではないかという疑問を提示したのは莉子(今田美桜)だった。他者のために何かしたことの満足感に溺れることのないように冷静にものごとを見極めていく。百音や菅波や耕治の出来事への距離の取り方の禁欲さには驚くばかりである。これがドラマの作り手が大事にしてきたことなのであろうと感じる。

現実のことを題材に描いた物語は慎重にならざるを得ない。ドキュメンタリーよりも難しい気がする。それでも物語にして伝えることを選択する上で、作った者や観ている者が勝手に理想のハッピーエンドを創るのは自己満足でしかないだろう。まだ出来事は終わっていないのだから。ちょっといい感じの物語を作って、それを消費するようなことなく、これからも考え続けていくためのバトンのような物語が『おかえりモネ』だった。

亮の出港の汽笛が鳴る。永浦家にも聴こえてきたその音は、百音たちのまだまだ続いていく旅の合図のようにも響いた。

現実は厳しい。問題は解決していないうえにコロナ禍が起こって日本どころか世界が困ってしまった。『モネ』の世界では「コロナ」とは言わず「感染症」というワードだけ出した。


この記事の画像

「『おかえりモネ』百音と菅波のように、人々もまた手を繋いで歩き出せるように――祈りのような終幕」の画像1 「『おかえりモネ』百音と菅波のように、人々もまた手を繋いで歩き出せるように――祈りのような終幕」の画像2 「『おかえりモネ』百音と菅波のように、人々もまた手を繋いで歩き出せるように――祈りのような終幕」の画像3