朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第7週「1948-1951」

第33回〈12月15日(水)放送 作:藤本有紀、演出:安達もじり、橋爪紳一朗〉

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』勇に安子との結婚を勧める千吉 第33回は嵐の前の静けさ、明日はどうなる
写真提供/NHK

※本文にネタバレを含みます

※朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第34回のレビューを更新しましたらTwitterでお知らせしています


千吉が勇に安子との結婚を勧める

「カムカム英語」に励まされていた安子(上白石萌音)るい(古川凛)だったが「今週いっぱいでお別れ」と聞いて「えっ」となる。とここで驚くのは「カムカム英語」が終わってしまうことと同時に、るいがまた代替わりしたことであった。大きくなってきた。「カムカム英語」の歌を歌う安子と代々のるいのシーンをつなげて、るいが成長してきた流れを見せる冒頭、あたたかい気持ちになった。

【レビュー一覧】朝ドラ『カムカムエヴリバディ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜33回掲載中)

るいは春から小学生になる。制服を千吉(段田安則)にあつらえてもらって大喜び。

安子は「水田屋とうふ」に間借りして菓子を作って売り、算太(濱田岳)は威勢よく売っている。口上を述べている彼は寅さん化が進んでいるような気がする。

きぬ(小野花梨)は妊娠し、夫・力(小林よしひさ)はラッパを吹いて応援する。みんなの生活に平穏が戻ってきたようだ。雉真繊維も勇(村上虹郎)の野球部作戦が功を奏して順調。そして千吉は勇に結婚を勧める。相手は――安子。

「ははは、何じゃ何じゃ、何の冗談じゃ」と動揺する勇。だが千吉は本気。安子がこのまま雉真家にいるのは中途半端であるし、第一、るいのことを考えるとそうするのが一番だという考えである。

「姉さんは兄さんの嫁さんじゃ」と渋る勇に千吉は「未亡人になったおなごが夫の兄弟と再婚するのは珍しい話じゃねえ」となおも言う。

結婚とは家を守るための制度である。そういう時代であったのだなあと思うが、千吉の場合は情けも入っているように感じる。勇の安子に対する気持ちにも気付いていた。勇が他の人と結婚して子供ができたら、安子もるいも立場的に微妙になってしまう。ふたりが結婚するのが最良だという判断はけっして家のためだけではないだろう。安子に何も言わないから勇が決断しろと任せるのも千吉の良さである。

それを立ち聞き(座り聞き)している雪衣(岡田結実)は哀しそうな表情で……。彼女の物語が思わせぶりなリアクション以外描かれていないにもかかわらず、ここでものすごく泣いているとかなり独り相撲な人に見えてしまう。この役はなかなか不利な役であると感じるが、美都里(YOU)も最初はいやな人に見えたが最終的にはすごく良い人になっていたので、まだまだわからない。

そんな雪衣に算太が夢中になっているが、彼女の瞳は勇にしか向いていない。梅干し茶は滋養があるといって持ってきて「みるみる力が沸いてくるような気がするのう」と勇に言われ「ふふふ」と笑う様子もなんだか意味深……。

勇は雪衣の心を知ってか知らずか、安子への想いに決着をつけようとしている。そんな彼にひとつのきっかけを作るような出来事が……。大阪の進駐軍から野球部と試合の申し込みが来て……。


この記事の画像

「朝ドラ『カムカムエヴリバディ』勇に安子との結婚を勧める千吉 第33回は嵐の前の静けさ、明日はどうなる」の画像1 「朝ドラ『カムカムエヴリバディ』勇に安子との結婚を勧める千吉 第33回は嵐の前の静けさ、明日はどうなる」の画像2