朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第9週「1962」

第41回〈12月27日(月)放送 作:藤本有紀、演出:安達もじり〉

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第41回 突然の風間俊介、まだ名を告げないオダギリジョー(宇宙人)
写真提供/NHK

※本文にネタバレを含みます

※朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第42回のレビューを更新しましたらTwitterでお知らせしています


突然の風間俊介

しみ抜きするるい(深津絵里)に「シャツの汚れを落とすたびに過去のしがらみが消えてなくなる」「まっさらな自分の人生を歩き始められる。そう信じることができました」などのナレーション(城田優)がかぶる。まるで犯罪者のような心境。それほどまでにるいは哀しい気持ちで10年以上過ごしてきたのかと思うと胸が痛くなる。

【レビュー一覧】朝ドラ『カムカムエヴリバディ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜41回掲載中)

家族との関係を断ち切ろうと心機一転、大阪にやって来たるいだが、深津絵里は西田尚美(小しず)YOU(美都里)、ふたりの祖母の隔世遺伝しているような透明感と浮遊感とエイジレス感がある。

ある日、るいがオー・ヘンリー短編集を読みながら店番していると、片桐春彦(風間俊介)が洗濯物を持って来た。突然の風間俊介にびっくり。彼が演じるということは、この片桐はそれなりに重要な人物と考えられる。

シャツの胸ポケットに万年筆の形がついていて、「お仕事も人柄も堅実なんじゃろうなあ」「字もきれいじゃった。育ちもええんじゃろうなあ」とるいがぶつぶつと片桐のキャラを妄想していると、今度はオダギリジョー(宇宙人)がやって来る。今回はサングラスをしていない。

名前も告げずに洗濯物を一カ月放置していた宇宙人。片桐と反対に良い印象が持てない。待つ間、テーブルをとんとん指で叩いている様子に「早うせいっていうこと?」と反感を抱くるい。大金を無造作に出すことも「こええんじゃけど」と怯える。

引き換えにまた新たな洗濯物を預けていく宇宙人。「一般性のない服の数々」「ケチャップ」「丸首シャツが多い」とるいは断片的な情報から想像を続ける。空想力とそこに影や毒のあるヒロインといえば、藤本有紀がはじめて手がけた朝ドラ『ちりとてちん』を思い出す。

るいは宇宙人の預けた洗濯もののポケットから妙な金属を見つけ、ますます宇宙人への謎を膨らませていく。

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第41回 突然の風間俊介、まだ名を告げないオダギリジョー(宇宙人)
写真提供/NHK

「洗濯もんの数だけ人生があると思ったら、汚れた服も愛おしく思えてきます」

「洗濯もんの数だけ人生があると思ったら、汚れた服も愛おしく思えてきます」と名セリフを言い、平助(村田雄浩)を喜ばせるるい。冒頭のナレーションもそうで、小説っぽくなってきて、“連続テレビ小説”らしくなった理由は、るいが読書好きであるからだ。高校時代はひそかに本屋でバイトして独立資金を貯めていたるい。ひとりぼっちの彼女は本の世界が唯一の逃げ場だったのだろう。膝を抱えて本を読む深津絵里はやばいほど可愛い。

るいが読んでいるのは『善女のパン』。深津絵里は40歳独身のマーサを劇中劇形式で演じる。マーサはパン屋さんでいつも安いパンを買いに来る人を貧乏画家と想像している。夢想しながら鏡を見るるい。鏡演出は算太(濱田岳)以来2回目となる。

40歳までひとり身の女の孤独を滲ませるミス・マーサも18歳のまだ幼さの残る孤独を抱えるるいも演じ分ける深津絵里。どちらかといえばミス・マーサのほうが年相応の役であるが。

ミス・マーサは安いパンしか買わない男のことを想っておしゃれするようになる。るいもまた、店の窓を拭きながら自分の身なりをチェックする。このときの深津絵里も可愛い。


この記事の画像

「朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第41回 突然の風間俊介、まだ名を告げないオダギリジョー(宇宙人)」の画像1 「朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第41回 突然の風間俊介、まだ名を告げないオダギリジョー(宇宙人)」の画像2 「朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第41回 突然の風間俊介、まだ名を告げないオダギリジョー(宇宙人)」の画像3