KinKi Kids、25周年イヤーを力強くスタート 6年ぶり東京ドームで元旦コンサート開催

KinKi Kidsにとって、2022年はCDデビュー25周年イヤー。“そのスタートはファンの皆さんとともに踏み出したい”――そんな想いを込めて、じつに6年(*)ぶりとなる元日の東京ドーム公演が開催された。

【関連レビュー】堂本光一 ジャニーさんから引き受けたエンターテイナーとしての矜持を後輩たちに継ぐ伝道者

2022年最初の単独アーティストの東京ドームコンサートでもある今回。デビュー翌年の1998年より東京ドームでコンサートを行なってきたKinKi Kidsにとっては、東京ドーム公演“24回目”の開催となり、通算公演回数は“59回”(**)を数え、自身の持つ“単独アーティストによる東京ドーム最多公演数”の記録を更新。

そんな記念すべきコンサートの開演を待ちわびる拍手が沸き起こる場内で、ステージにはピンスポットを浴びるグランドピアノ…そしてふたりが登場。ピアノの旋律にのせてふたりが紡ぐ1曲目は、新年、そしてKinKi Kidsの記念すべき1年の幕開けにふさわしい「新しい時代」。透明な美しさをたたえたナンバーに、ふたりのハーモニーがやさしく広がっていく。

曲のあとには、堂本光一が「さて、“新しい時代”がはじまりました! あらためまして、KinKi Kidsです! こうして急遽決まった我々のコンサートですが、こんなに集まってくださってありがとうございます!」と感謝を告げ、堂本剛も「ありがとうございます!」と声を揃えた。勝手知ったるドームということで、「ま、座れば?」と促す剛に、光一も「君の家か(笑)」とツッコむふたりらしいやりとりから、着席スタイルでの挨拶MCへ。

というのも、今回の公演は着席・歓声なしというファンの皆さんのご協力のもと、実現が可能に。まだまだ油断ならない状況のなか、安全に公演が行える形を模索しながら、それが実施できるのはファンの皆さんのお陰だと声を揃えるふたり。

また、急遽実施決定となった公演ということで、光一が「ピアノ1本です!」というコンサートスタイルに、剛も「贅沢な使い方じゃないですか?」とうなずき語りあう一幕も。

「だからほぼリハーサルをしていない。案の定、私ハモらなくていいところハモにいってしまいました(笑)」という光一の告白に、剛が「あれ、あそこハモっていいんじゃない?」と返すやりとりも。ここはもうピアノ演奏を担当される園田(涼)さん頼りと話し“アレンジがやりたいときは自由にやって”“アレンジやりなおしたい時はいつでも止めてもらってよいので!”など話しながら新年の挨拶を終えると、続けて「to Heart」「スワンソング」をゆったりとしたピアノバージョンで切々と歌い上げた。

再びMCに入ると、先日開催されたばかりの『ジャニーズフェスティバル』『ジャニーズカウントダウンコンサート』の話題で盛り上がりつつ、続いてのナンバー「雪白の月」を青いレーザーライトが無数に場内を照らすなかで披露。ピアノの旋律のみというステージがより、ふたりの歌声を際立たせる。歌い終わると、「この状況になることを想定して作られたわけではないけれど」(光一)、「別れの曲…ラブソングなのだけど、好きな人ほど近づけないというのが」(剛)と、現代の状況に通じる部分があると語りあう場面も。

KinKi Kids、25周年イヤーを力強くスタート 6年ぶり東京ドームで元旦コンサート開催

そして、年末に後輩たちと多く接するなか、ふたりの初合作曲である「愛のかたまり」が広く愛されていると実感したという話題から、自分たちの中で「愛のかたまり」の流れを汲んで作ったという「銀色 暗号」を続けて披露することに。

…しかし、なぜか園田さんが「お正月」の旋律を奏で始め…? どうやら、冒頭のトークどおり自由なアレンジでということで「銀色 暗号」に繋げて入ろうとするもうまくハマらなかったそうで一度ストップ。この流れには光一も剛も大笑い!

そこで、一度場内の空気を変えるため、剛から「銀色 暗号」を読み解く講座へ。この曲の詩は“プロポーズしてからの数時間”が題材で、“夜通し降る雪のつくる朝方の銀世界、この情景を記念にしよう”…というようなイメージして当時作ったのだと明かした。

気を取り直して再び「銀色 暗号」を、雪玉のようなライトが染めるステージで披露。歌い終わるや、「いい歌詩やな!」(剛)、「いい曲やな(笑)。…自分たちで褒めとる(笑)」(光一)と笑い合うふたり。冒頭のピアノアレンジが打って変わってドラマティカルなメロディになっていたことを園田さんに指摘しつつ、逆に「お正月」アレンジをやりきったらどうなるか?と、再チャレンジしてみることに。すると、旋律が美しく溶け合うなかで光一と剛がキリっと歌い上げるも、ときおり顔をのぞかせる童謡フレーズに、場内にはどよめきと手拍子が広がっていた。

歌い終えると、「やはりこのアレンジはないな(笑)」と言い合いつつも、「リラックスできて、力が抜けてサビのユニゾン具合がよかった(笑)」(光一)と盛り上がっていたのだった。

様々な曲を披露してきたなか、“作られる曲は時代の影響を受ける”という話から、「この曲もライブで何回も歌っているけど、印象が毎回変わる」(剛)、「あと、ライブで出だしをよく間違う印象が」(光一)、「ライブあるあるやな。ファンの方に『ありがとう~』ってやると(手を振ると)歌いだしを忘れる(笑)」(剛)と話していたふたり。こうして“皆様の前で披露すると気持ちよくなってしまう曲”という「もう君以外愛せない」へ。温かいオレンジのライトに照らされながら、光一と剛の力強く伸びやかな歌声が場内を包み込んだ。


この記事の画像

「KinKi Kids、25周年イヤーを力強くスタート 6年ぶり東京ドームで元旦コンサート開催」の画像1 「KinKi Kids、25周年イヤーを力強くスタート 6年ぶり東京ドームで元旦コンサート開催」の画像2 「KinKi Kids、25周年イヤーを力強くスタート 6年ぶり東京ドームで元旦コンサート開催」の画像3