ぺこぱ、“まったく期待されていなかった”2019年の『M-1』当日を回想「僕らが出てきた時に…」

ぺこぱ、“まったく期待されていなかった”2019年の『M-1...の画像はこちら >>



5月19日深夜、TOKYO FM『TOKYO SPEAKEASY』に、ぺこぱのシュウペイと松陰寺太勇が出演した。



番組では今回、2019年の『M-1グランプリ』の出演順が“神がかっていた”といった話題が展開され、松陰寺が「2番3番で、和牛さん、かまいたちさん来ちゃってるんだもん。それでもう、残されたメンツ、みんな『もう終わった』って思ってたよね」と振り返る場面があった。



続けて、シュウペイも「その後も、爆発的にミルクボーイさんがウケて、もう終わったよ、『M-1』終わるの早くないか?みたいな」と当日の空気感について回想し、松陰寺も「インディアンスとぺこぱだけ残った時は、もう終わったと思ったよね」とコメント。



さらに松陰寺は、「俺、Twitterもタイムライン終わってから見たんですよ、ちょうど僕らが出てきた時に『なんやこれ』『やばいの出てきた』」「いっぱい出てきましたもん、俺らが出てる順番で」「俺ら、出始めの30秒、ネットのザワつき方ヤバイなって」と、後からチェックしたという視聴者からの反響を明かし、シュウペイは「全国のみんながたぶん思ったんだよね。“いや、こいつらには期待してない”みたいな」と言葉を重ねていた。