植城微香、『歌唱王』が大きなターニングポイントに「ドキドキしたことを忘れられない」

植城微香、『歌唱王』が大きなターニングポイントに「ドキドキし...の画像はこちら >>



2018年、19歳で路上ライブを中心に音楽活動を始めた植城微香さん。洋楽に影響を受けたスケールの大きな楽曲と華のあるステージングが魅力のシンガーソングライターです。

2019年には、テレビ朝日系『ミュージックステーション』で、年間150本のライブを行うシンガーソングライターと紹介されるなど、早くも注目を集めました。2021年末には、日本テレビ系『歌唱王~歌唱力日本一決定戦~』にて、番組史上初のギター弾き語りスタイルで出演し、鮮烈な印象を残しています。そして今年6月15日、初の音源「24 hours」で、配信デビューを果たしました。

今回は、そんな植城さんに、音楽に興味を持つようになったきっかけや、ご自身のターニングポイントなどについて伺いました。



ーー植城さんが音楽に興味を持つようになったきっかけは何だったのでしょうか?



小さい頃からヒップホップダンスを習っていて、洋楽に合わせて踊っている中で、音楽が大好きになっていきました。



それと、小さい頃、お母さんがDREAMS COME TRUEのライブに連れて行ってくれたんです。そこで見たパフォーマンスや歌唱、舞台ステージや、キラキラの照明、セットの動き、そして周りのお客さんが感動して涙している姿を見て、私も音楽をやりたい!と思いました。
 
ーー2018年、植城さんは当時19歳で路上中心に音楽活動をスタートしていますが、路上ライブを主な活動の場に選んだ理由は何ですか?
 
新しいファンの方に出会うためです。