植城微香、念願の配信デビューを経て思い描く“夢”と“未来”とは?「限界を作らずにいきたいです」

植城微香、念願の配信デビューを経て思い描く“夢”と“未来”と...の画像はこちら >>



2018年、19歳で路上ライブを中心に音楽活動を始めた植城微香さん。洋楽に影響を受けたスケールの大きな楽曲と華のあるステージングが魅力のシンガーソングライターです。

2019年には、テレビ朝日系『ミュージックステーション』で、年間150本のライブを行うシンガーソングライターと紹介されるなど、早くも注目を集めました。2021年末には、日本テレビ系『歌唱王~歌唱力日本一決定戦~』にて、番組史上初のギター弾き語りスタイルで出演し、鮮烈な印象を残しています。そして今年6月15日、初の音源「24 hours」で、配信デビューを果たしました。

今回は、そんな植城さんに、「24 hours」の制作秘話や、ご自身の音楽のルーツ、シンガーソングライターとしての目標など、様々なことについて伺いました。



ーー植城さんは、6月15日から配信スタートの「24 hours」が、ご自身にとって初の音源リリースとなるということですが、今の心境をお聞かせください。
 
嬉しい!という感情で心が満たされています。この「24hours」のレコーディングが終わってから、自分で軽く一万回くらいは聴いたと思います(笑)



それほど自分でもお気に入りで自信のある曲なので、この曲がどこでもいつでも誰でもすぐ気軽に聴けるデジタルリリースという形で、いつも応援してくれているみんなのもとに、そして新しく出会う方に届けられると思うと、嬉しくてにやけてしまいます。
 
ーー「24 hours」の歌詞には、失恋の切ない思いが描かれていますが、今回の歌詞に込めた思いや、特にお気に入りのフレーズがあれば教えてください。
 
現代を生きる人が「それな!」と小さくつい呟いてしまうくらいリアルな歌詞にしたかったので、駅前のカフェとか、インスタとか、“いいね!”とか、身近にあるものを歌詞に使いました。