鯨とイルカの捕獲漁をする和歌山県太地町が選挙地盤の自民党・二階俊博幹事長は政府が26日、国際捕鯨委員会(IWC)からの脱退を表明したことに「自由民主党は商業捕鯨を来年7月から再開することにして、国際捕鯨委員会から脱退することを決定した政府を全面的に支持する」との幹事長談話を発表した。


 二階幹事長は「十分な資源量が確認されている鯨が何種類もあるのに、鯨に依存する漁業者の暮らしを一顧だにせず、我々に一切歩み寄ろうとしなかった。

我々は我が国の長年にわたる悲願であった商業捕鯨を再開するためにはIWCから脱退するしかないという結論に至った」としている。


 二階幹事長は「今回の我が国の決定は商業捕鯨の再開を待ち望んでいた全国の皆さんの願いをかなえるもの」と評価した。しかし、国内にも鯨やイルカの捕獲に反対する声もある。「衆参の農林水産委員会及び外務委員会での閉会中審査を行うべき」との声がある。国民に対して今回の政府判断が妥当かどうか、分かりやすいよう発信することが望まれる。(編集担当:森高龍二)