桜に関して見直しアピールも疑惑について語らず

 安倍晋三総理は13日、内外情勢調査会懇談会で講演し「臨時国会では『桜を見る会』について議論が集中した。長年の慣行で行われてきたものだが、招待者の基準があいまい、(選定)プロセスが不透明との指摘をいただいた。来年の開催は中止し、幅広く意見を伺いながら全般的な見直しを行うことにした」と述べた。


 また「昨年と一昨年は『もりかけ問題』(森友学園への国有地売却をめぐる問題・加計学園運営の岡山理科大への獣医学部新設をめぐる問題)、今年春は『統計問題』、秋は『桜を見る会』と、この3年ほどの間、国会は政策論争以外の話に多くの審議時間が割かれてしまっていることに、国民の皆様に大変申し訳なく思っている」と述べた。


 ただ、桜を見る会に関しては見直しをアピールする一方、総理自身に関する疑惑については何ら語らなかった。また「もりかけ問題」に関しても総理や総理夫人に派生した疑惑で、完全にクリアになっているとはいえない。審議時間がこの問題に多く割かれたのは民主主義の根幹にかかる問題だからであり、改ざん・隠ぺいなど国民の行政への信頼をここまでズタズタにした責任は大きい。


 安倍総理は「7年前、政治の信頼を取り戻さなければならないと、薄氷を踏む思いで緊張感を持って歩み始めた。初心を忘れず、しっかりと身を引き締め、全身全霊で政策課題に取り組んで行きたい」と述べたが、この発言には「仕切り直しを言う前に『桜を見る会』に対する納得できる説明を国民に行うことこそ、政治の信頼を取り戻す1丁目1番地なのではないか」との意見も聞かれた。


 安倍総理は、講演で「災害対応、デフレからの脱却、社会保障改革、外交安全保障、あらゆるテーマにおいて、しっかりと、大きな改革を進めていかなければならない」と課題やテーマを挙げた。予算委員会でそれぞれのテーマについて野党の疑問に一問一答で答えることが次期通常国会では必要なようだ。(編集担当:森高龍二)

あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「桜に関して見直しアピールも疑惑について語らず」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    「多くの審議時間が割かれてしまっ」たって、それ、行政サイドが国会に説明すべき書面を捨てちゃったからでしょ。行政のトップとして責任取ってくださいよ。

    4
  • 匿名さん 通報

    大事な時間を割いたのは安倍晋三のせいでしょう。分かり切ってるのにシラをきる極悪人。

    3
この記事にコメントする

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月15日の政治記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。