謝罪で済まない、森法相に辞任求める 安住氏

       

 立憲民主党の安住淳国対委員長は12日、森まさこ法務大臣に辞任を求める考えを改めて示した。森法務大臣が「東日本大震災の際、福島県の検察官が、いわき市民が避難していない中で最初に逃げた。その時、身柄拘束していた10数人を理由なく釈放した」と国会で事実と異なる答弁を行い、その後、発言を撤回、謝罪した。


しかし、事実の基づかない答弁をするなどから謝罪で済む話ではないとし、「森法務大臣の発言の真意をめぐって衆院法務委員会、参院予算委員会でただすとともに、引き続き、辞任を求めていく」と党代議士会で語った。


 森大臣の発言に対し国会で質問した山尾志桜里衆院議員は「私自身としては法務大臣として(森氏が)今後、法務行政を引っ張っていくことは不可能と思った」と法相として職務続行は難しいとの受け止めを示した。


 また衆参の野党は「お詫びで済まない。政治責任をきちっととるべき」との考えで認識を共有している。


 森法務大臣の発言は東京高検検事長の定年延長問題をめぐり、法解釈の変更を行った背景について「どのような社会情勢の変化があったのか」との小西洋之参院議員の9日の参院予算委員会での質問に答えたものだった。しかし、森大臣の示した「東日本大震災の際、福島県の検察官が、いわき市民が避難していない中で最初に逃げた。その時、身柄拘束していた10数人を理由なく釈放した」との答弁は事実とは異なっていた。(編集担当:森高龍二)

あわせて読みたい

山尾志桜里のプロフィールを見る
エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「山尾志桜里」に関する記事

「山尾志桜里」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「山尾志桜里」の記事

次に読みたい「山尾志桜里」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月15日の政治記事

キーワード一覧

  1. 山尾志桜里 不倫
  2. 山尾志桜里 倉持麟太郎
  3. 山尾志桜里 離婚

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。