日本代表・中島翔哉不振の原因は…現地紙が見解「犠牲になっている」
拡大する(全1枚)

 ポルティモネンセに所属する日本代表MF中島翔哉(27)は、シーズン終盤にかけて本来のパフォーマンスを発揮できていないようだ。9日、ポルトガル紙『O JOGO』が同選手の現状を伝えている。

 中島翔哉は今年2月に脛骨の骨折や靱帯損傷により長期離脱。昨年8月にプリメイラリーガの強豪ポルトからポルティモネンセへ1年レンタルにより復帰すると、10月17日開催のタッサ・デ・ポルトガル(ポルトガル国内カップ戦)3回戦・UDオリベイレンセ戦でピッチに戻っていた。

 そして昨年11月には公式戦4試合に出場して1ゴール4アシストをマーク。今年2月21日のプリメイラリーガ第21節・CDサンタ・クララ戦では日本代表の森保一監督が視察に訪れる中、同点ゴールをアシストしていたが、リーグ戦でのゴールから遠ざかっている。

 『O JOGO』は「ナカジマ“皇帝”の長い闘い」という見出しのもと、中島翔哉に関する特集記事を掲載。「ナカジマがリーグ戦で最後にゴールを決めたのは17試合前であり、不調が続いている。昨シーズンの大怪我から回復した後はレギュラーとしてプレーしているが、「小さな皇帝」は、ポルティモネンセに来たときに見せたパフォーマンスから大きくかけ離れているのが実情だ」と同選手の不調ぶりを説明している。

 そして同選手が結果を残せていない原因については「ゴールへのセンスはあるし、攻撃的なアクションも良い。だが、ゴール前でシュートに物足りなさがある。それは、彼の努力が足りないからではない」