志風音が「フェニックス」ブランドの事業を継承、最大5年間の契約

志風音が「フェニックス」ブランドの事業を継承、最大5年間の契約
拡大する(全1枚)
シフォンの公式サイトより

 今年末で事業を終了するフェニックス社のスポーツブランド「フェニックス(phenix)」の事業をシフォン(志風音)が継承する。志風音はフェニックスの親会社中国動向集団との間でマスターライセンス契約を締結。契約期間は2021年1月1日から2024年3月31日までとし、両社が合意した場合は契約を2年間延長する計画だという。

【画像をもっと見る】

 フェニックスは1953年に設立し、スキーやゴルフ、アウトドアウェアを展開。1980年代にはイタリアのMaglificio Calzificio Torinese社と提携し、「カッパ(kappa)」ブランドの販売を開始した。1990年代のスキーブームによりピーク時の年商は300億円を超えたが、バブル崩壊により業績が悪化。2004年にオリックスグループの傘下に入り、2008年には中国の大手アパレル中国動向集団がフェニックス株の91%を取得し買収した。

 志風音は代表取締役の西村健太氏が2004年に創業。複数の海外ブランドのライセンスを保有しており、「ヒュンメル(hummel)」「カッパ(Kappa)」(ファッション分野)などと契約しているほか、「ディーゼル(DIESEL)」や「マリークヮント(MARY QUANT)」のライセンスも取得している。

 今回の契約締結により、志風音がフェニックスブランドのマスターライセンシーとして、中国を除く世界各国での販売権利を取得。同ブランドに関する取引先や一部の人材、テクニカルセンターも引き継ぐ。なお、フェニックス社が抱える負債等は引き継がないという。

■志風音:公式サイト

編集部おすすめ

当時の記事を読む

FASHIONSNAP.COMの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ファッションニュースランキング

ファッションランキングをもっと見る
お買いものリンク