【コラム】BTSもかあ~芸能人には、お目こぼしがあるのか 韓国
拡大する(全1枚)
韓国のイメージ
 かつて日本でも、昔バレーボールをやっていたとか言う女優が「国民年金」のCMに出た途端、その歳まで支払ったことがないってことでテレビから消えたことがあったなあ~そののちに一流野球選手のご子息んちの壁に「バカ息子」とか落書きして、完全に芸能界から消えたけど。

その他の写真:韓国のイメージ

 芸能人は、常識や「何歳になったらなにをやる」って世間のお約束がわからないまま、ちやほやされる地位に到達することがある。それは、日本に限らず。

 韓国が誇る世界的スターBTSのメンバーが国民健康保険料を滞納して、2021年5月に購入したマンションを差し押さえされた。まあまあ、2022年4月中には支払って、差し押さえはとけたようだが。

 自分は健康だから支払わなくってよい! と思ったのだろうか。美容整形外科は基本自費診療だから、健康保険自体を知らなかったのか。その前に、給料を支払っている事務所が、書類上は天引きして納入してしかるべきではないか、彼もかなり忙しいわけだし。

 彼だけがターゲットではない。今までも、少なくとも2014年の調査では、かなりの人数の芸能人の滞納と金額が公表されている。2019年も問題になっている。本人が直接納付できなければ、事務所=勤務先の会社が代行する、これは日本社会のルール。韓国ルールは別なのか。事務所とはエージェント契約だとしても、個人事務所が支払わなければならない。

 まれに支払うことができないくらいの貧困であれば、届け出していれば免除なり、支払い金の額を下げて長期にわたって支払うことができる(冒頭の日本人女優も、年金庁に免除届していれば、問題はなかった。むしろ支払う気のない、でも、いくばくかでも将来年金がもらいたい人は、免除届け一つで3割はもらうことができる…今現在)。