ポルシェ 718ケイマン/718ボクスターに、新たな“フラット6”搭載モデルが登場

ポルシェのミッドシップスポーツ「718ケイマン/718ボクスター」シリーズに、新たな6気筒自然吸気(NA)エンジンを搭載するモデルが追加された。

ポルシェ 718ケイマン/718ボクスターに、新たな“フラット6”搭載モデルが登場

718シリーズは基本的に4気筒ターボを搭載するが、やはり“フラット6”へのユーザーの憧れや渇望は大きいのだろう。価格は現時点で未定ながら、「4.0」を名乗る6気筒モデルの登場に色めきたつ方も少なくないはずだ。

新型「718ケイマン/718ボクスター GTS 4.0」は、シリーズ最高峰の「718ケイマン GT4」や「718スパイダー」と同じ、4.0Lの水平対向6気筒エンジンをデチューンして搭載する。

ポルシェ 718ケイマン/718ボクスターに、新たな“フラット6”搭載モデルが登場

400psという最高出力は、「GT4」などと比べると20psダウンながら、2.5Lの水平対向4気筒ターボを搭載する「GTS」と比べれば35ps増し。そのパワーに不足はなく、7,800rpmに設定されたレブリミットまで、力強くも軽やかに、淀みなく吹けあがっていく。

ポルシェ 718ケイマン/718ボクスターに、新たな“フラット6”搭載モデルが登場

組み合わされるトランスミッションは6速MTのみ。4.5秒という0-100km/h加速は、「GT4」の4.4秒に肉薄し、最高速度は293km/hに達する。標準装備となるスポーツエグゾーストシステムが響かせる快音にも心躍らされるだろう。

ポルシェ 718ケイマン/718ボクスターに、新たな“フラット6”搭載モデルが登場

足回りにはPASM(ポルシェアクティブサスペンションマネジメント)スポーツサスペンションを採用し、通常の「GTS」から20mm車高をダウン。機械式LSDを備えたPTV(ポルシェトルクベクタリング)やPSM(ポルシェスタビリティーマネジメント)なども標準装備して、ダイナミックなハンドリングと日常の快適性をバランスさせたという。


あわせて読みたい

IGNITEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「メルセデス・ベンツ」のニュース

次に読みたい関連記事「メルセデス・ベンツ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アウディ」のニュース

次に読みたい関連記事「アウディ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「BMW」のニュース

次に読みたい関連記事「BMW」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月4日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。