【hideのゲーム音楽伝道記】第23回:『ドクターマリオ』― 中毒性バツグンのアクションパズルを彩る音楽

【hideのゲーム音楽伝道記】第23回:『ドクターマリオ』― 中毒性バツグンのアクションパズルを彩る音楽
【hideのゲーム音楽伝道記】第23回:『ドクターマリオ』― 中毒性バツグンのアクションパズルを彩る音楽
       
インサイドをご覧の皆さま、こんばんは。ゲーム音楽好きライターのhideです。ゲーム音楽連載「hideのゲーム音楽伝道記」第23回目となる今回は、『ドクターマリオ』をご紹介します。

『ドクターマリオ』は、1990年7月27日に任天堂からファミリーコンピュータおよびゲームボーイで同時発売された落ち物アクションパズルゲームです。その後もニンテンドーゲームキューブ、ゲームボーイアドバンス、ニンテンドー3DS、Wii Uなど、多数の機種で移植やリメイク作品が発売されています。

本作はタイトル通り、お医者さんに扮したマリオが登場し、カプセルを使ってビンに詰まったウィルスたちを退治していくというゲームです。プレイヤーはカプセルをうまく操作して、同じ色を4つ揃えてウイルスを消していくことになります。シンプルなルールながらも、一度始めるとなかなかやめられない、奥深い楽しさを持つ作品です。

◆2大名曲「FEVER」と「CHILL」

さて、そんな『ドクターマリオ』に欠かせない大きな魅力なのが音楽です。本作の作曲を担当したのは田中宏和氏。『メトロイド』、『バルーンファイト』、『MOTHER』(鈴木慶一氏との共作)などのゲーム音楽や、「めざせポケモンマスター」など、アニメ版『ポケットモンスター』の多数の主題歌を手掛けたことで著名な方ですね。

本作では、ゲーム中に流れる音楽を「FEVER」と「CHILL」という2つの楽曲から選ぶことができます。「FEVER」は“発熱”や“高熱”という意味があり、軽快かつ楽しげなサウンドでゲームを盛り上げてくれます。一方の「CHILL」は“悪寒”という意味があり、スローテンポで展開される妖しげな雰囲気を帯びたメロディがたまりません。この2曲は雰囲気が大きく異なりますが、どちらもメロディアスで耳に残り、かつ『ドクターマリオ』の世界観に非常にマッチした名曲です。

あわせて読みたい

インサイドの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「任天堂 + 株価」のおすすめ記事

「任天堂 + 株価」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「トヨタ」のニュース

次に読みたい関連記事「トヨタ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ソニー」のニュース

次に読みたい関連記事「ソニー」のニュースをもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年12月31日のゲーム記事

キーワード一覧

  1. 任天堂 株価

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。