戦国時代のUMA?秀吉の大軍にただ一頭で立ち向かった羽犬伝説を紹介!

戦国時代のUMA?秀吉の大軍にただ一頭で立ち向かった羽犬伝説を紹介!
拡大する(全4枚)
翼の生えた空想上の動物と聞くと、何を連想しますか?

有名なところではギリシャ神話のペガサス(馬)やグリフォン(ライオン+鷲)、あるいは天使(人間)も動物と言えば動物でしょうか。

日本にはこういう伝承はないの?と思って調べてみたら、福岡県筑後市に羽犬(はいぬ)と呼ばれた犬がいたそうです。

戦国時代のUMA?秀吉の大軍にただ一頭で立ち向かった羽犬伝説...の画像はこちら >>


羽犬塚小学校前の羽犬像。筑後市観光協会HPより

文字通り羽根の生えた犬なのだそうですが、今回はこのUMA(未確認生物)について紹介したいと思います。

■敵ながらあっぱれ?秀吉の軍勢を相手に大暴れ

今は昔、戦国時代末期の天正15年(1587年)4月、島津征伐のため九州へとやってきた羽柴秀吉(はしば ひでよし。豊臣秀吉)の軍勢を、一頭の犬が遮りました。

その背中には鳥のような翼が生えており、自由自在に飛び回ってかねがね人を襲ったり家畜を喰い殺したりなどしたため、人々は羽犬と呼んで恐れていたそうです。

行く手を阻まれた秀吉は大いに怒り、何とか羽犬を退治しようと試みたものの、これがまたとても賢く、生半可な小細工が通用しません。

10万とも20万とも超える大軍が、たった犬一頭に手こずっていては天下の笑い者……何としてでも退治せねばと秀吉は精鋭を繰り出し、やっとの思いで仕留めることが出来たのです。

戦国時代のUMA?秀吉の大軍にただ一頭で立ち向かった羽犬伝説を紹介!


羽犬と秀吉(イメージ)

こうして先を急いだ秀吉ですが、「敵?ながらあっぱれ」と感心したのか、あるいは亡骸を粗末にしたら度量の狭さを笑われると懸念したのか、いずれにしても羽犬を手厚く葬りました。

この記事の画像

「戦国時代のUMA?秀吉の大軍にただ一頭で立ち向かった羽犬伝説を紹介!」の画像1 「戦国時代のUMA?秀吉の大軍にただ一頭で立ち向かった羽犬伝説を紹介!」の画像2 「戦国時代のUMA?秀吉の大軍にただ一頭で立ち向かった羽犬伝説を紹介!」の画像3 「戦国時代のUMA?秀吉の大軍にただ一頭で立ち向かった羽犬伝説を紹介!」の画像4
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Japaaanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク