意外! 今の若者はバブル期より「お金持ち」 お金を使わなくても楽しめる達人

意外! 今の若者はバブル期より「お金持ち」 お金を使わなくても楽しめる達人

海外旅行に新車の購入、有名ブランド品にディスコダンス......。バブル期の若者は消費活動が旺盛で青春を謳歌したが、今の若者はおカネがなくてモノをあまり買えず、かわいそう――。

こんなイメージがあるが、とんでもない。じつは、今の若者のほうがバブル期の若者より「お金持ち」で、お金を使わずに楽しめる術を心得ているという、意外な報告が発表された。

「生活の満足度」は若い人ほど高い

このレポートは、2019年3月22日にニッセイ基礎研究所のウェブサイトに発表された「経済不安でも満足度の高い若者 目先の収入はバブル期より多い、お金を使わなくても楽しめる消費社会」。生活研究部主任研究員の久我尚子がまとめた。

まず、図表1を見てほしい。これは内閣府の国民生活世論調査から作成した「現在の生活に関する満足度」調査だ。満足度の中には所得・収入、資産・貯蓄、食生活、住生活、レジャー・余暇生活などが含まれる。10代後半~20代(83.2%)、30代(78.9%)の若い人ほど満足度が高く、50代~60代が低いことがわかる。

J-CASTニュース会社ウォッチ編集部の取材に応じた久我尚子さんは、こう語る。

「今の日本では、若い世代ほど経済状況が厳しいと言われているのに、若者の生活満足度が高い。特にバブル世代が含まれる50代を上回っています。このギャップには何があるのかと疑問に思ったのが調査のきっかけです」

調査対象者の「若者」は35歳未満の未婚者とした。今の若者は、どのような時代に生まれ育ってきたのか。それを、日経平均株価と流行語の推移でふり返ったのが図表2だ。1989年(平成元年)生まれの今年(2019年)30歳を追っていくと、生まれた直後にバブルが崩壊。流行語には「複合不況」「就職氷河期」などが登場する。失われた10年が過ぎると状況はさらに厳しくなり、「格差社会」「ネットカフェ難民」「派遣切り」などが並ぶ。2008年にはリーマン・ショックが、2011年には東日本大震災が日本を襲った。


あわせて読みたい

J-CAST会社ウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「意外! 今の若者はバブル期より「お金持ち」 お金を使わなくても楽しめる達人」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    若者の所得を単純比較していますが、物価が違います

    2
この記事にコメントする

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年4月2日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。