ビットコインの半減期、慶大と専大はうまく乗り越えプラスを確保、明大は?【カソツー大学対抗戦 第4週】

ビットコインの半減期、慶大と専大はうまく乗り越えプラスを確保、明大は?【カソツー大学対抗戦 第4週】

ビットコインが、4年ぶりの半減期を迎えた。その波を、どのように味方につかられるかが、今週(2020年5月11日週)の焦点。その半減期は注目されたわりに大きな変化がなかったが、慶応義塾大学の馬医金満と専修大学のゆうは、半減期前に起こった値動きをうまく拾ったナイストレードで利益を得た。明治大学のITは果敢にチャレンジしたものの利益獲得はならず。中央大学のカンタロは、取引をお休み。

クジラの大量売りにビックリ(明治大学)

5月8日

明治大学では今月7日から、ついにオンライン授業が始まりました。学生も教員も、ふだんからオンライン授業をやっているわけではないので、お互いうまくオンラインのツールを使いこなせず、かなり手こずっています。

授業開始に伴い、今までよりも相場を見る時間は少なくなりますが、どうか今後とも温かく見守っていただければ幸いです。

さて、MACD(マックディー)のゴールデンクロス(移動平均線の13週線と26週線の動きに注目するチャート)や、ブルームバーグ、フォーブスといった海外メディアが今後の上昇を楽観視していたこともあり、1時27分、 1BTC(ビットコイン)=9027.5米ドルで、成行54枚のロングポジションを組みました。利益確定ラインは10,538ドル、損切ラインは9027.5ドルで設定しました。

ビットコイン史で最も意識されている、上図の赤いレジスタンスラインを上抜け、さらに半減期も間近に迫っていたので、長期的な価格の上昇を見込んでのロングポジションです。


あわせて読みたい

J-CAST会社ウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「ビットコイン」のニュース

次に読みたい関連記事「ビットコイン」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月22日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。