安倍内閣ブレーンだった京大教授、岸田首相の「所得倍増」支持するワケ

安倍内閣ブレーンだった京大教授、岸田首相の「所得倍増」支持するワケ
拡大する(全1枚)

岸田政権が掲げる「所得倍増」計画。本書「なぜ、日本人の9割は金持ちになれないのか」(ポプラ新書)は、岸田首相が「正しい経済政策」を行えば、10年後には「所得倍増」は可能だ、と書いている。

ただし、それには条件があるという。

著者は、安倍政権で内閣官房参与を務めたこともある京都大学大学院教授の藤井聡さん。アベノミクスが失敗した最大の理由は、2度にわたる消費税の増税だ、と指摘している。そして、コロナショックは日本を再生させるチャンスになりうる、と主張する。

「なぜ、日本人の9割は金持ちになれないのか」(藤井聡著)ポプラ新書

日本国内の法人企業(資本金10億円以上)の利益・給与・株主配当金の推移をグラフを見ると、1997年を100としたら、給与はこの20年間、まったく増えていない。一方、企業の利益は2.5倍に、株主配当は5倍以上に膨らんでいる。理由はこうだ。

「要するに、日本の企業は本来ならば私たちのような一般の労働者に給料として回してしかるべきおカネを、どんどん大金持ちの株主たちに回していった」

企業は株価を上げるために、投資家に株を買ってもらわなければならない。そのため、配当金の引き上げ競争が行われたというのだ。

2度の消費増税で失敗したアベノミクス

藤井さんは安倍政権の内閣官房参与をしていたとき、「分配」のあり方を変えるように提案した。当時、自民党の政調会長だった岸田さんにも説明。岸田さんはおおいに関心を示し、当時の議論が今回の「所得倍増」論につながっている、と書いている。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

J-CAST会社ウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「アベノミクス」に関する記事

「アベノミクス」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「アベノミクス」の記事

次に読みたい「アベノミクス」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク