台湾、省庁横断でコロナ対策 行政院副院長が橋渡し役に

台湾、省庁横断でコロナ対策  行政院副院長が橋渡し役に
コロナ対策のために省庁間の連絡に奔走する陳其邁・行政院副院長(奥中央)
(台北中央社)新型コロナウイルス感染症で省庁横断的な対策が行われている台湾。第一線でかじを取るのは中央感染症指揮センターだが、その裏で医師出身の陳其邁行政院副院長(副首相)が省庁間の連絡に奔走し、調整役として大事な役割を担っている。「何かあれば責任を取る」――この一言で迅速な対応を実現させたこともある。

陳氏は中央社のインタビューにこのほど応じた。台湾大医学部で公衆衛生の修士号を取得しており、医師として働いた経験も持つ陳氏は、今回の感染対策で高官や専門家を集めた会議を数多く招集してきた。同センターの指揮官、陳時中衛生福利部長(保健相)やデジタル政策を担当する唐鳳行政院政務委員(無任所大臣に相当)らとの話し合いが深夜まで続くのも日常茶飯事だという。

陳氏が新型コロナウイルスによる肺炎について蘇貞昌行政院長(首相)に報告したのは昨年12月31日だった。翌月11日には総統・立法委員(国会議員)選が迫っていたが、蘇氏の指示で省庁横断の会議を開き、水際対策の強化を決めた。選挙後には中国に学者を派遣したものの具体的な発見はなく、不安は一層深まった。

1月下旬、健康保険証で中国への渡航歴の有無が分かるようにした。衛生福利部(保健省)中央健康保険署や内政部(内務省)移民署などをまたいだシステムの構築が必要だったが、これらの機関に連絡し調整。24時間以内で稼働を実現させた。「何かあれば、私が責任を取る」。会議を終えた後、まるで脅迫だなと自嘲気味に笑った。

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月10日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。