散歩から帰ってきた柴犬を誰よりも待っていたのは猫だった。そこからの遊んでモードが止まらない!

散歩から帰ってきた柴犬を誰よりも待っていたのは猫だった。そこからの遊んでモードが止まらない!


 オランダ、ベベルウェイクからの映像である。1歳の柴犬、シェルビーがお散歩から帰ってくるのを誰よりも待っていたのは、生後10週の子猫シンバだ。

 玄関先で今か今かと待ち構えていたようで、柴犬が家に入ってくるとその隣から離れない。やさしい柴犬は、いそいで部屋の方へと移動するが、その時もずっと横を走っていく。 
[動画を見る]
Best Friend Returns from Walk to Play || ViralHog

 「ずっと待ってたんだから~、これからいっぱい一緒に遊ぶんだから~」てな雰囲気を漂わせている子猫のシンバの気持ちをしっかりと理解しているかのようにみえる柴犬のシェルビー。 

 部屋に向かって廊下を走る。
 その横にぴったりと寄り添うように子猫のシンバも一緒に走る。

[画像を見る]

 さあ、部屋についた!ここからはずっとシンバのタ~ン!
 ソファの上でシェルビーに抱きつきじゃれつきを繰り返すシンバ

[画像を見る]

 子猫なので手加減をしらないそのじゃれつきは、耳を噛んだり腕を噛んだり、首根っこ噛んだりと激し目なんだけど、シェルビーは怒ることなくそれに付き合ってあげている。

[画像を見る]

 まだまだ遊びたいさかりのシンバ、お留守番していたシンバのことを気遣ってあげるようにも見えるね。とにかくシェルビーとシンバが良い関係を築き上げているのは確かなようだ。

記事全文はこちら:散歩から帰ってきた柴犬を誰よりも待っていたのは猫だった。そこからの遊んでモードが止まらない! http://karapaia.com/archives/52278105.html

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2019年8月12日のびっくり記事
「散歩から帰ってきた柴犬を誰よりも待っていたのは猫だった。そこからの遊んでモードが止まらない!」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    アメリカはアラブ社会に難癖をつけて侵略しての油井泥棒をやめない。これでは反撃のテロがなくなるわけがない。そして子分に使われるのは自衛隊。

    1
  • 匿名さん 通報

    「9条があるから海外派兵はできない」とはっきりアメリカにノーを言ってきたこれまでの自民党長老は賢かった。安倍晋三は過去のどの総理よりも愚かで戦争好きで性犯罪好き。

    0
  • 匿名さん 通報

    暑いですね

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。