代理母猫による自然分娩で誕生。世界的に珍しいクローン猫が誕生(中国)

代理母猫による自然分娩で誕生。世界的に珍しいクローン猫が誕生(中国)


 愛するペットが亡くなったり何らかの事情で失われてしまったとき、その悲しみからペットロス症候群を患ってしまうことがある。

 眠れない、食欲がない、情緒が安定しない・・・など精神的にも身体的にもさまざまな症状があらわれて苦しい日々が続くのだ。

 中国に住む黄さんも、愛猫だったブリティッシュショートヘアのガーリックちゃんが2歳半で亡くなったとき悲嘆にくれた。

 どうしようもないほど酷く辛くしんどく、こうなったらあの手しかない!と決心した。クローン技術でガーリックちゃんを蘇らせてもらおう、と。
【1年間の試行錯誤を経て誕生した「ガーリックちゃんver2.0」】

 中国のシノジーン(Sinogene)社は、40匹の犬のクローンを作り上げてきた実績がある、ペットのクローン作成を専門とする企業だ(関連記事)。

 それなりの経験を経てきた同社であっても、黄さんが依頼してきた猫のクローン作成はちょっとした難題だった。というのも猫には他の動物にはない問題があったからだ。

 施振声博士は

猫の生殖・生理学的特性はほとんどの動物とは違う。猫は自然排卵しない、数少ない排卵誘発性の動物なのだ。繁殖サイクルが特殊なためクローン作成は難しく、作業も厄介。だから今回のクローン猫の成功は世界的にも珍しいものである

と語る。

[画像を見る]
クローン技術により誕生したガーリックちゃんver2.0(左)生前のガーリックちゃん(右)

 1年間の試行錯誤の末、ついに胚を代理母に移植することに成功。66日の妊娠を経た2019年7月21日、自然分娩によってガーリックちゃんver2.0が誕生した。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2019年9月14日のびっくり記事
「代理母猫による自然分娩で誕生。世界的に珍しいクローン猫が誕生(中国)」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    遺伝子が同じでも元の記憶はない。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら