ネアンデルタール人は海に素潜りし、道具になる完璧な貝を探していた(米研究)

ネアンデルタール人は海に素潜りし、道具になる完璧な貝を探していた(米研究)

Spanishalex/iStock
 約40万年前に出現し、2万数千年前に絶滅したとみられるネアンデルタール人だが、最近の研究によりその秘密が徐々に明らかになりつつある。これまで考えられているよりずっと高度なスキルを持っていたようだ。

 その立ち姿は私たちとそれほど変わらず、直立して歩いたことも分かっている。それどころか、ヨーロッパではしばしば海に潜ったりもしていたという。

 イタリアにあるネアンデルタール人の遺跡で発見された171点の貝殻を分析したところ、海底で手に入れた貝を道具として利用していたらしいことわかった。それは現生人類(ホモ・サピエンス)がこの地に到着し、漁業を始めるずっと以前のことである。
【洞窟で発見された7万年以上前の貝殻製の道具】

 貝殻が発見されたのは「Grotta dei Moscerini」という洞窟だ。ここが初めて調査されたのは1949年のことで、発見された遺物は7万年以上前――すなわち現生人類がまだヨーロッパ全土に定着していない時期のものだった。

 残念ながらこの洞窟に入ることはもはやできない。しかし、これまで発見された171点の貝殻からは、ネアンデルタール人がこれまで考えられていた以上に有能であったことが明らかになっている。

 貝殻は道具として利用されていたばかりか、その4分の1までが海底から採取されたものであるらしいのだ。

[画像を見る]
Villa et al PLOS ONE 2019

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月21日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。