炎の中から2匹の子猫を助け出した勇敢な消防犬、ニップの物語(アメリカ)

炎の中から2匹の子猫を助け出した勇敢な消防犬、ニップの物語(アメリカ)

New York City Fire Museum
 時代は第二次世界大戦前にさかのぼる。アメリカ・ニューヨーク州ブルックリンのヒックスストリートにある203消防分署には、ニップという消防犬がいた。

 1935年2月2日、ニップは8度目になる英雄的な救助活動をやってのけた。その時ニップは12歳。6年間にわたり消防団と共に経験を積んできたベテラン犬だが、唯一苦手なのが猫だった。

 だが困っている猫がそこにいるのなら、ニックは命がけで救助にあたる。まだ燃えている建物の中に突入し1匹の子猫を口にくわえて運び出し消防士に託すと、また建物の中に戻っていき、更にもう1匹の子猫を救い出したのだ。
【まだ燃えている火災現場に突入していった消防犬】

 消防士のシェンクとカールトンと共に、ほとんどの救助活動を行っていたニップは、この日、いつもの猫嫌いを封印して自分の職務を果たした。自分が持つスキルを全て駆使して、火災現場のビル内を捜索し、火事場に取り残されていた2匹の子猫を救い出したのだ。

 当時の報道によると、金曜の夜、203分署はユニオンストリート161にある3階建てのレンガビルからの消火要請に出動した。

 このビルの1階は文房具屋が入っていて、上の階はアパートになっていた。(この建物は、ブルックリンクイーンズ高速道路が建設されたときに取り壊された)

 消防隊が到着したとき、近所の人の話によると、アパートの住民は全員無事に逃げて、建物の中には誰もいないということだった。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「炎の中から2匹の子猫を助け出した勇敢な消防犬、ニップの物語(アメリカ)」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    泣いた、、、

    1
この記事にコメントする

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月5日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。