北欧が上位を独占。世界で最もコーヒーを飲む国トップ10

北欧が上位を独占。世界で最もコーヒーを飲む国トップ10

コーヒーを良く飲む国トップ10 Christoph/pixabay
 日本人が緑茶を、英国人が紅茶を習慣的に飲むように、コーヒーを文化や伝統として飲み続けている人も多いだろう。

 もっとも今や日本でも朝はコーヒーで目覚めるという人も多いように、近代では世界各国でコーヒーを飲む習慣を持つ人は多い。また、コーヒーを提供する「喫茶店」は様々な分野の芸術家たちが集まる場として、文化的にも大きな役割を果たしてきた。

 今回、World Atlasが世界で最もコーヒーを飲む国ランキングの上位25位を発表した。その結果、北欧がトップ4を独占、さらに上位9位までがヨーロッパ諸国となり、他のどの地域よりも1人当たりのコーヒー摂取量が多いことが判明した。

 そして予想通りイギリスや日本は25位以内には入っていなかった。
【ヨーロッパは、他の大陸よりカフェイン摂取量が多い】

 一般的に、ヨーロッパは他のどの大陸よりもカフェインの摂取量が多く、特に北欧は毎年恒例の「年間コーヒー消費量」でもランキングトップを占めることが多い。

 今回World Atlasで挙げられている「世界で最もコーヒーを飲む国」リスト25か国のうち、5か国以外はなんと全てヨーロッパである。

 つまり、ヨーロッパ人とコーヒーは、様々な方法で彼らの文化と深く繋がっているということだ。

 例えば、消費量ナンバー1のフィンランドでは、浅煎りで薄味、そして酸味のある良質な豆、いわゆる「ノルディック・ロースト(北欧風焙煎)」が飲みやすく非常に人気だという。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク