アジア人の祖先は三度目のアバンチュールを楽しんでいた。その相手は絶滅人類のネアンデルタール人とデニソワ人のハーフ

アジア人の祖先は三度目のアバンチュールを楽しんでいた。その相手は絶滅人類のネアンデルタール人とデニソワ人のハーフ
 2018年、アルタイ山脈から5万年以上前の10代の少女の遺体が発見された。この少女が何者かはわからないが、奇妙なことに、彼女にはネアンデルタール人とデニソワ人のハーフであるかのような特徴があったのだ。

 古代の絶滅人類の異種交配ということで世界中の研究者たちに衝撃を与えたが、現生人類の先祖も絶滅人類とアバンチュールを楽しんでいたようだ。

 人工知能を使ったゲノム解析によると、現生人類が数千年前にアフリカからの長い旅路で遭遇し、交際した結果生まれた未知の人類の祖先の種が特定されたという。

未知の先祖の正体がAIによって判明する アフリカを脱出し、ユーラシア大陸へと進出した現代人の祖先たち(ホモサピエンス)は、その道すがら、既にに絶滅した古代人種と刹那的な恋に落ちることもあった。

 これまでその相手として、ネアンデルタール人とデニソワ人が知られてきたが、どうも彼らのハーフとも3度目のアバンチュールを楽しんでいたようだ。

 2019年、スペインとエストニアの研究グループが、AIの助けを借りて、古代人の遺伝子コードと現代人の遺伝子コードをより分けたところ、ネアンデルタール人とデニソワ人のハーフであると思われる、5万年以上前の10代の少女が、独りぼっちではなかったらしいことが突き止められた。

 タルトゥ大学のマユク・モンダル氏らは、ベイズ推定(統計的手法の一種)にAIのディープラーニングモデルを導入することで、ユーラシア人のDNAから3番目の元恋人を特定することに成功。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク