そろそろ見つかりそうなので。エイリアン発見を公表する為のガイドラインをNASAが発表

そろそろ見つかりそうなので。エイリアン発見を公表する為のガイドラインをNASAが発表
 最近打ち上げられたジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡は、数年以内に天文学に革命を起こすと言われており、我々がこれまで知ることができなかった宇宙の秘密を解き明かしてくれることが期待されている。

 宇宙誕生の瞬間へ向かって過去にさかのぼり、ダークマーターの謎を解き明かすのはもちろん、エイリアンがいる遠い世界を見つけてくれるかもしれない。

 でも本当にエイリアンを発見してしまったら? 世の中を混乱させることなく、政府は世紀の大発見を公表することができるだろうか?

 最近NASAが、地球外生命の発見を公表するためのガイドラインを作成したのは、そんなことを懸念したからだろう。

地球外生命体が発見される可能性は現実的 そのガイドラインは、昨年10月『Nature』に掲載された。もちろん、そんなものを作成したのは、地球外生命体の発見が現実的なものだからだ。これについて、ガイドラインは次のように述べている。

 「私たちの世代が地球外生命を発見する可能性は、現実的なものだ。」

 だから、その時が本当にきたら、それを世間に正確に伝える必要がある。さもなければ、やたらと大袈裟に喧伝されて、社会に無用な動揺や誤解を与えることだろう。

 「この特権的な可能性には責任が伴う。私たちは宇宙で孤独な存在なのかという疑問の重大さと、それに対する人々の関心の高さゆえに、観測結果がその裏付けや観測者が意図する以上の意味で受け止められる可能性がある。」
編集部おすすめ

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク