【ライブレポート】生涯に一度だけの特別な初ワンマンライブ――。佐藤ミキ、“first live 「名もない花」”で改めて見せたシンガーの始まり。

【ライブレポート】生涯に一度だけの特別な初ワンマンライブ――。佐藤ミキ、“first live 「名もない花」”で改めて見せたシンガーの始まり。
拡大する(全1枚)
掲載:リスアニ!
儚くも芯の強さを感じさせるシルキーボイスが魅力のシンガー・佐藤ミキが、初のワンマンライブ“first live 「名もない花」”を、9月29日に東京・渋谷7th FLOORで開催した。2020年、SACRA MUSIC所属の新人としてシーンに登場し、同年12月にTVアニメ『魔法科高校の劣等生 来訪者編』のEDテーマ「名もない花」でメジャーデビュー。その大切なデビュー曲の名を冠したこのライブで、彼女は“佐藤ミキ”というシンガーの始まりを、改めて示してみせたのではないだろうか。生涯に一度だけ、特別な初ワンマンのレポートをお届けする。

ビルの7F、バーカウンターとゆったりくつろげる空間が広がる渋谷7th FLOORは、ちょっとした隠れ家のような雰囲気のお洒落なスペース。店内に入ると古いレゲエの楽曲が迎えてくれる。彼女の晴れ舞台を観に来たオーディエンスたちは、思い思いのドリンクを手に、リラックスしながら開演を心待ちにしている様子だ。

やがて店内BGMがフェードアウトし、佐藤ミキがステージに登壇。ややウェービーなヘアスタイル、秋らしいシックな色合いのロングワンピース姿の佐藤は、ハンドマイクを手に取ると、まずは「Play the real」を歌う。2020年7月、シンガーとして本格始動したタイミングに合わせてYouTubeの公式チャンネルなどを通じて発表された、彼女にとって最初のオリジナル曲だ。イントロ部分の一節“確かなものは何もない旅 この声だけを頼りに”と歌った直後、「佐藤ミキです、よろしくお願いします」とにこやかに挨拶すると、スペーシーなシンセサウンドと力強いリズムに身をあずけながら、しなやかな歌声を会場いっぱいに届ける。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

リスアニ!WEBの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「魔法科高校の劣等生」に関する記事

「魔法科高校の劣等生」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「魔法科高校の劣等生」の記事

次に読みたい「魔法科高校の劣等生」の記事をもっと見る

マンガ・アニメニュースランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る
お買いものリンク