【インタビュー】『マクロスF ギャラクシーライブ 2021[リベンジ]』ライブBlu-rayリリース記念、May'n&中島愛スペシャル対談!
拡大する(全1枚)
掲載:リスアニ!
昨年11月10日(水)に幕張イベントホールで開催された、約11年ぶりとなる『マクロスF』単独ライブ『マクロスF ギャラクシーライブ 2021[リベンジ]~まだまだふたりはこれから!私たちの歌を聴け!!~』の模様を収録したライブBlu-rayが6月22日に発売された。「限定盤」「ゴ~~ジャス盤」には、11月9日の公演初日と11月23日の神戸ワールド記念ホールでの追加公演の日替わり曲などが収録されている。

ステージで、最高のパフォーマンスを見せつけたシェリル・ノーム Starring May’nとランカ・リー=中島 愛。ライブタイトル通りまだまだ二人はこれからだと感じたし、この先も何かが待っているのではないかという期待が膨らむライブだった。

今回はリリースを記念して、May’nと中島愛に改めて今回の公演をたっぷり振り返ってもらった。

今後の人生でも、あのツラさと楽しさは絶対に訪れないと思う!(中島)
――まず、マクロス40周年記念超時空コラボアルバム『デカルチャー!! ミクスチャー!!!!!』の反響が素晴らしかったですね!

中島愛 数字がすべてではないとは言え、オリコン週間アルバムランキングで1位をいただいたり、意外だったんですけど、それが『マクロス』シリーズのアルバムで初めての1位だったり、日本レコード協会の22年4月度のゴールドディスク認定もいただいたそうなので、すごいですよね。私たちもきっと反響があるとは思ったんですけど、お祭りかつ冒険のアルバムだったので、どんな声があるか、まったく想像ができなかったんです。でも、結果的に今しかできないことができたので良かったなと思いました。レコーディングでは、これはどこの世界線だろう?って考えることも多かったですけど、アルバムをリリースできて良かったなというのは、今思っていることです。