NHK「ブラタモリ」が今も「ときどき面白い」理由

高橋秀樹[放送作家/発達障害研究者]

***

タモリは、現代の芸能界では大変特異なタレントである。
NHK「ブラタモリ」が今も「ときどき面白い」理由
その理由はいろいろな人が様々な視点から語っているが、筆者は、次の点を一つだけあげておきたい。

 「タモリは、スタッフが面白い企画を用意しないと、そのまま面白くなくやってしまっても平気な人である」

この論点は、少し解説が必要だろう。たいていある程度の地位になった芸能人は、テレビで企画を与えられ、自分では面白いと思えないと、口を極めて、つまらなさを指摘し、提案したスタッフはたじたじとなる。スタッフが面白いと信じて提案した企画の場合は、スタッフ側も頑張るが、たいていは折れて芸能人の言うことを聞いてしまう。

いっぽう、面白いと判断できない企画でも、何も言わずやる芸人も居る。心ある芸人は、つまらなくても企画は受け入れるが自分の能力で絶対笑いを取ろうと奮闘する。「笑いを取るまでは絶対に板を降りないぞ」と決めている芸人である。板とは舞台のことである。このタイプの芸人は大阪の吉本に多いが、代表は明石家さんまである。

この2つのタイプとはタモリは全く違う。面白くなくても企画は受け入れるが、そのまま、面白くなくやってしまう。結果面白くないわけだが、それでも全く気にしないのである。誤解をおそれずに言うと蛭子能収に似ている。タモリは芸能界に居続けることには興味がなく、ただただ運があって芸能界に居る事ができ続けているのだと思っているフシがある。それが、何度かタモリと一緒に番組をやった筆者の感じるところであった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. タモリ タモリ倶楽部
  2. タモリ ブラタモリ
  3. タモリ 笑っていいとも!
メディアゴンの記事をもっと見る 2019年5月22日の芸能総合記事

「タモリ + 笑っていいとも!」のおすすめ記事

「タモリ + 笑っていいとも!」のおすすめ記事をもっと見る

「タモリ + タモリ倶楽部」のおすすめ記事

「タモリ + タモリ倶楽部」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「小堺一機」のニュース

次に読みたい関連記事「小堺一機」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。