「エンジンのホンダ」は、EVにシフトする自動車でどう戦うのか

「エンジンのホンダ」は、EVにシフトする自動車でどう戦うのか
拡大する(全10枚)

「エンジンのホンダ」は、EVにシフトする自動車でどう戦うのか...の画像はこちら >>

ホンダといえばエンジン――。車好きなら、そう考える人も少なくないだろう。F1では、1980年代からホンダのエンジンが席巻。2021年を最後にF1からは撤退するが、そのラストイヤーでレッドブル・ホンダが5連勝を飾るなど、強さは今も健在だ。

今後、自動車の電動化が進めば、エンジンはなくなり、モーターへと切り替わっていく。それはホンダの資産が失われる可能性をも意味するが、決して同社は手をこまねいてはいない。すでに明確な電動化への道筋を描いているという。

そのひとつが、2020年に発売された電気自動車(EV)の「Honda e」だ。EVは航続距離(一度の充電で走れる距離)が話題になるが、EVのあり方を改めて追求する中で、航続距離にとらわれない、本当に便利なEVは何かという視点で作った車だという。

近年よく聞かれるキーワードをテーマに、各企業を取材する連載「マネ部的トレンドワード」。EV編の3回目となる本記事では、本田技研工業の中村圭太郎氏と岩城香穏理氏に話を聞く。

新発売のHonda eは、「街なかベストを追求したEV」

「エンジンのホンダ」は、EVにシフトする自動車でどう戦うのか

2021年4月23日、ホンダは、2040年までに世界で販売する四輪車のすべてをEVと燃料電池車(FCV)に切り替えると発表した。そこに至るロードマップも示されており、「北米と中国では、2030年にEVとFCVの新車販売比率を40%、2035年に80%、そして2040年に100%を達成するのが目標です」と中村氏。


この記事の画像

「「エンジンのホンダ」は、EVにシフトする自動車でどう戦うのか」の画像1 「「エンジンのホンダ」は、EVにシフトする自動車でどう戦うのか」の画像2 「「エンジンのホンダ」は、EVにシフトする自動車でどう戦うのか」の画像3 「「エンジンのホンダ」は、EVにシフトする自動車でどう戦うのか」の画像4
「「エンジンのホンダ」は、EVにシフトする自動車でどう戦うのか」の画像5 「「エンジンのホンダ」は、EVにシフトする自動車でどう戦うのか」の画像6 「「エンジンのホンダ」は、EVにシフトする自動車でどう戦うのか」の画像7 「「エンジンのホンダ」は、EVにシフトする自動車でどう戦うのか」の画像8
「「エンジンのホンダ」は、EVにシフトする自動車でどう戦うのか」の画像9 「「エンジンのホンダ」は、EVにシフトする自動車でどう戦うのか」の画像10
編集部おすすめ

当時の記事を読む

東証マネ部!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ホンダ」に関する記事

「ホンダ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ホンダ」の記事

次に読みたい「ホンダ」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク