現役医師であり人気ミステリー作家!知念実希人の新作『崩れる脳を抱きしめて』は、20作目にして初の恋愛小説。実業之日本社創業120周年記念の勝負作、驚愕のラスト20ページは自身の太鼓判トリック!

現役医師であり人気ミステリー作家!知念実希人の新作『崩れる脳を抱きしめて』は、20作目にして初の恋愛小説。実業之日本社創業120周年記念の勝負作、驚愕のラスト20ページは自身の太鼓判トリック!
旬な作家の意外な素顔が・・・?旭屋書店「本TUBE」ピックアップ本、著者出演インタビュー企画!【旭屋書店主催イベント:著者出演インタビュー】

旭屋書店では、10月26日から各店舗で“深読み症候群なあなたを唸らせる一冊"にて、作家・知念実希人の新刊『崩れる脳を抱きしめて』をご紹介&本書をフィーチャーした『本TUBEニュース』コーナーを設置!連動して、1億人の本と本屋の動画投稿サイト「本TUBE」のスペシャル企画、ピックアップ本の著者への直接インタビューも開催!今回は、『崩れる脳を抱きしめて』発売を記念し、知念さん自身に、作品についてじっくりと語っていただきました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/13301/54/resize/d13301-54-840718-1.jpg ]

◆本編再生はコチラ!
http://www.hon-tube.com/pc/movie.php?movieid=2199

旭屋書店では、作家・知念実希人さんの『崩れる脳を抱きしめて』発売を記念し、著者インタビューを実施した。現役医師である知念さんは、2011年に「島田荘司選ばらのまち福山ミステリー文学新人賞」を『レゾン・デートル』で受賞し、翌年に同作を改題した『誰がための刃』で作家デビュー。その後、『仮面病棟』が大ヒット、人気の「天久鷹央」シリーズをはじめ、『ブラッドライン』『優しい死神の飼い方』『あなたのための誘拐』などの作品がある。本作は、研修医である主人公と、患者であるヒロインの織りなす驚愕と感動の“恋愛ミステリー”。心に傷を負う二人は心を通わせていくが、次第に浮かび上がる多くの謎や、ラストに向けてのどんでん返しの連続。読み手は何度も騙され心揺さぶられる、巧妙かつ斬新な“恋愛×ミステリー”の融合作品だ。...続きを読む

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る 2017年10月3日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。