50代~70代のハーレクイン世代女性に聞いた「夫婦関係」に関する意識と実態調査

50代~70代のハーレクイン世代女性に聞いた「夫婦関係」に関する意識と実態調査
50代~70代女性の半数以上が夫への満足度「80点以上」。ただし、夫の「性の相性」「行動力」「コミュニケーション」には不満。夫には「同志」「恋人」でいてほしいが、実際は「同居人」。

日本上陸40年の歴史を持つロマンス小説「ハーレクイン」を手掛ける株式会社ハーパーコリンズ・ジャパン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:フランク・フォーリー)と、販売部数21.5万部で、シニア女性誌部数No.1(※)の「ハルメク」を発行する株式会社ハルメク(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:宮澤孝夫)は、50~79歳の女性246名を対象に、「夫婦関係」に関するWEBアンケート調査を実施いたしました。(※)一般社団法人 日本ABC協会・ABCレポート21.5万部(2018年7月~2018年12月)

[画像1: https://prtimes.jp/i/4274/60/resize/d4274-60-120641-13.png ]


【調査の背景】
「ハーレクイン」が日本に初上陸したときに10代から20代だった、いわゆるハーレクイン世代の女性たちは、夫にどれくらい満足し、どのような関係を築いているのか、どんな夫だったら「生まれ変わっても結婚したい」と思うのかを調べました。
その結果、夫について全体的な満足度は高いものの、「性の相性」「行動力」「コミュニケーション」に満足している割合は全体の6割程度であること、「性の相性」「リーダーシップ」「性格」に満足している妻は、「来世でも現在の夫を選ぶ」割合が高いこと等がわかりました。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る 2019年7月22日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。