植物工場で栽培された安全・安心な野菜の普及に向けて協業~ファミリーマート商品への導入を拡大、全国約16,000店規模で展開、商品の共同開発も実施~
拡大する(全1枚)
株式会社ファミリーマート(本社:東京都港区、代表取締役社長:澤田貴司、以下ファミリーマート)、株式会社レスターホールディングス(本社:東京都品川区、代表取締役CEO:今野邦廣、以下レスターHD)及びレスターHDの子会社で植物工場事業を行う株式会社バイテックベジタブルファクトリー(本社:東京都品川区、以下VVF)は、植物工場で栽培された安全・安心な野菜の普及に向けて協業し、ファミリーマート商品へ導入を拡大するとともに、全国約16,000店規模で展開いたします。また、今後は新たに商品の共同開発にも取り組んでまいります。

[画像1: https://prtimes.jp/i/46210/90/resize/d46210-90-526258-0.jpg ]

植物工場の野菜は、閉鎖された環境で栽培を行うため、天候や災害による影響を受けにくく、一年を通して安定した供給が可能となります。虫がつかないため農薬を使用する必要がなく、安全・安心であることも特徴です。さらには、野菜の洗浄などの手間も少なく済むことから、省力化・省資源化に繋がります。捨てる部分が少ないことからフードロスも最小限に抑えられ、環境負荷も軽減できます。(紹介動画URL:family.co.jp/famimatimes/)

ファミリーマートでは、2015年4月から植物工場で栽培された野菜を中食商品に導入しており、年々展開地域を拡大し、2020年11月までに、北海道・沖縄県を除く全国約16,000店で展開いたします。なお、ファミリーマートにおける植物工場で栽培された野菜の使用量は、導入当初と比較し約60倍となっております。今後も、より安全・安心な野菜を使った商品をお客様に安定的にお届けすべく、従来の露地栽培の野菜と組み合わせながら、植物工場で栽培された野菜の使用を拡大してまいります。