Seiho原案イベント「靉靆」のクレジットが明らかに。MIKIKOやライゾマチームがダンス、映像、演出で参加

Seiho原案イベント「靉靆」のクレジットが明らかに。MIKIKOやライゾマチームがダンス、映像、演出で参加
2月8日、Seiho自身のTwitterにて突如発表した正体不明のイベント<靉靆(あいたい)>。公開された情報は、都内某所で開催されること、そして煙のようなデザインのホームページのみにもかかわらず先行チケットはあっという間にソールドアウトした。そしてついに本イベントのクレジットが発表に。原案/音楽/出演を務めるのはSeihoで、彼が絶大な信頼とリスペクトをおく3名のクリエイター、Perfumeの振付やリオオリンピック閉会式でフラッグハンドオーバーセレモニーの総合演出・演舞振付を手掛けたMIKIKO(ELEVENPLAY)、アート~音楽のカルチャーから広告の分野に渡り、世界を股にかけその存在感を強烈にアピールし続けて来たクリエイティブ集団=ライゾマティクス(Rhizomatiks)より花井裕也上條慎太郎が<靉靆>に参加していることが明らかとなった。
Seiho原案イベント「靉靆」のクレジットが明らかに。MIKIKOやライゾマチームがダンス、映像、演出で参加
インタビューを読む:Seihoに訊く、内容非公開イベント「靉靆」とは?|Photo by Kazma Kobayashiしかし開催場所などの具体的な内容は未発表のまま。オフィシャルページに掲載されている文章を読んで、これからの続報に注目していこう。
好きで堪らない人へ贈り物をするということは勇気がいる。 喜んでくれないと、こちらの気持ちも冷めてしまう。共同作業なら尚のこと。 ランチを決められなくて昼過ぎまでふたり歩き続けるなんて真似はよして。正解のなさを遊ぶなら、どうぞ、おひとりで。 そう思いながら、あなたの手を握る。街はもう暮れかかっていて、ところどころに穴が空いているから、 私たちは滑り込まなければならない。その、正解のなさに。 斜陽を眺める虚につけ込んで、愛及屋烏を伝えたほうが手っ取り早い。でも、鳥インフルエンザは怖いしなあ。 花の美しさという様なものはない。美しい貴方は教えてくれた。

あわせて読みたい

Qeticの記事をもっと見る 2019年2月15日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。