2日間開催される「SONG OF THE EARTH FUKUSHIMA 311」第一弾出演アーティストとして、TOSHI-LOW、細美武士、ハナレグミらが発表

2日間開催される「SONG OF THE EARTH FUKUSHIMA 311」第一弾出演アーティストとして、TOSHI-LOW、細美武士、ハナレグミらが発表
来たる2019年3月10日(日)、11日(月)に、開催される<SONG OF THE EARTH FUKUSHIMA 311>(以下、SOTE311)の第一弾出演アーティストが発表された。震災から9年目を迎える今年は2日間に渡って開催される。第一弾アーティストとして発表されたのは、TOSHI-LOW、細美武士、ハナレグミ、渡辺俊美、新羅慎二(若旦那)、谷本賢一郎、青谷明日香、ATSUSHI(Dragon Ash)、GAKU-MC、キヨサク、くるくるシルク、クロワッサンサーカス、s o t t o、高橋てつや、平兄弟、LFNサッカーコンテンツなど。
2日間開催される「SONG OF THE EARTH FUKUSHIMA 311」第一弾出演アーティストとして、TOSHI-LOW、細美武士、ハナレグミらが発表
アーティストのライブのほか、黙祷式典、参加型キャンドルナイト、全国被災地域における物産展/飲食店ブース・ワークショップなど、Jヴィレッジにちなんだサッカーコンテンツなど様々なイベントが実施される予定だ。

SOTE311とは

SOTEは、今イベントの企画・制作を担当する一般社団法人ラブフォーニッポン(以下、LFN)代表のCANDLE JUNEが、新潟中越地震支援として10年間行ってきたフェスティバル。「悲しみから喜びへ」をテーマとして掲げている。福島でも2年前より仮設住宅でスタートしている。LFNは「たのしいねうれしいねおいしいねありがとう!!」をテーマに、毎月11日に福島県内で交流活動を続けている。被災地と繋がる活動を続けるカタチのひとつとして、悲しい日を楽しい日に変える、まるでお祭りのようなイベントになっている。震災から9年目を迎えるにあたって、仮設住宅での開催からより多くの方々が参加できるように、今年のはJヴィレッジでの開催となった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

Qeticの記事をもっと見る 2019年2月21日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「10-FEET」のニュース

次に読みたい関連記事「10-FEET」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ベリーグッドマン」のニュース

次に読みたい関連記事「ベリーグッドマン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「BRAHMAN」のニュース

次に読みたい関連記事「BRAHMAN」のニュースをもっと見る

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。