Kan Sano×中村佳穂 インタビュー|ジェイムス・ブレイク論からアプローチの共通点、音楽の向き合い方について

       
Kan Sano×中村佳穂 インタビュー|ジェイムス・ブレイク論からアプローチの共通点、音楽の向き合い方について

ジャンルを問わず様々なアーティストのサポートや客演で知られるキーボーディスト/プロデューサー、Kan Sanoが、通算4枚目のソロ・アルバム『Ghost Notes』をリリースした。作詞作曲はもちろん、ボーカルを含むすべての楽器演奏からミックスまで1人で作り上げた本作は、彼の原点である90年代ネオソウルや70年代ブラック・ミュージックを基軸としながら、メランコリックなメロディや洗練されたコード進行を絶妙にブレンドするなど、懐かしくも新しいサウンドスケープを展開している。そこで今回Qeticでは、彼と以前コラボレーション楽曲「eye to eye」を作り上げたシンガー・ソングライター、中村佳穂との対談を敢行。昨年、傑作アルバム『AINOU』でシーンを騒然とさせた彼女は、サウンド・メイキングの部分でジェイムス・ブレイクからの影響を強く受けたという。Sanoも以前のインタビューで、「ジェイムス・ブレイク以前と以降では、低音のありようが大きく変わった」と話していた。そんな共通点を持つ2人は、お互いの音楽性についてどう感じているのだろうか。楽曲制作についてはもちろん、「ジェイムス・ブレイク論」や京都アヴァンギャルド・シーン、海外進出への展望など、様々な話題で盛り上がった。

Kan Sano × 中村佳穂

Kan Sano×中村佳穂 インタビュー|ジェイムス・ブレイク論からアプローチの共通点、音楽の向き合い方について

Sano これ、出来立てのホヤホヤです(といって最新作『Ghost Notes』を渡す)。中村 え、いいんですか? 嬉しい!後でサインください。Sano え、今さら?(笑)──(笑)。Sanoさんはもう、中村さんの最新作『AINOU』をお聴きかと思いますが、どんな感想を持ちましたか?Sano 「ついにきた」という感じがしましたね(笑)。それまでの作品ももちろん聴いていて、彼女は歌とピアノだけでも成立する人なんですけど、今回バンドで自分の音楽を表現しているところが新しいなと思って。しかも結構ビートも効いているし。あとは歌詞。一体どうやって書いているのだろう? って。会うといつも、ずっと落書きをしているじゃない? そこには絵だけじゃなくて、時々言葉も走り書きされていて。「不思議なことをしているなあ」と思っていたんだけど。中村 私、常にノートを持ち歩いているんです。そこに歌詞のアイデアやちょっとした落書き、大学の講義内容などが全部ごっちゃになっていて。大学生になった時から歌い始めたので、今はもう30冊目くらいになりますかね。例えばライブの時とか、会場の様子やお客さんの雰囲気などを全て把握してから歌いたくて、なんていうか「パース取り」みたいな感じで描写していくんですよ。それは出演者のMCだったり、お客さんの着ている服だったり、なんでもいいんですけど。目につくもの、思いついたことを、何となくノートに書いているうちに、だんだん精神が落ち着いてくるんです。ただ、それを演奏中に有効活用しているとかでもなくて。


あわせて読みたい

Qeticの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年5月30日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。