友野一希、4度の「補欠繰上げで自己ベスト」。偶然を必然に変える、地道な努力と魅せる才能

友野一希、4度の「補欠繰上げで自己ベスト」。偶然を必然に変える、地道な努力と魅せる才能

四大陸選手権、ショートの演技が終わった瞬間、思わず右手でガッツポーズを作った。フリーでは少し首をかしげるしぐさも見せたが、終わってみれば自己ベストを更新し、7位に入った。
これまで何度も補欠からの繰り上げで“代役”を果たしてきた。そのたびに自己ベストをマークし、自らの成長へとつなげ、次のチャンスへと生かしてきた。それはもはや偶然ではなく必然だ。今回魅せた結果は次、どんな場面で生きてくるのだろうか。今は誰にも分からない。ただ間違いないことがある。これからも、友野一希は一歩ずつ前に進んでいく――。

(文=沢田聡子、写真=Getty Images)

最初からトップクラスだったわけではない

友野一希の競技人生における最大の転機は、17歳の時に補欠からの繰り上がりで出場した2016年世界ジュニア選手権だろう。代表だった山本草太が現地に出発する直前にけがをしたことで、補欠の友野が急遽出場することになったのだ。15位という結果以上に、ジュニア最高峰の大舞台での経験が友野に意識の変化をもたらした。翌シーズン、ジュニアグランプリ横浜大会で4位になった友野は、世界ジュニアが転機になったことを口にしている。

「(世界ジュニアの経験が)本当にすごくいい刺激になって、スケートに対する気持ちが変わった。それが今日につながってきたのかなと思います」
「今まで、苦手な部分をあまり練習していなかったところがありました。スケーティングやスピンなど、弱い自分を受け止めずに、得意な部分だけ練習していた。世界ジュニアで、他の選手はスケーティング・スピン・ステップ・ジャンプ、すべてにおいてレベルが高かったので『このままじゃいけないな』と思って。自分の弱点というか、まだまだ下手くそなところをしっかり見つめ直して、弱い自分を受け入れて、そこを一つひとつ克服していっています」


あわせて読みたい

REAL SPORTSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月26日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。