ハリー・スタイルズが影響を受けた15のこと
拡大する(全1枚)
東京でのエピソードやポール・マッカートニーのレア曲からピーター・ガブリエルの「スレッジハンマー」のMVまで、ハリー・スタイルズがいまハマっているものを米ローリングストーン誌編集者のロブ・シェフィールドが詳しく紹介。

若いスーパースターは、何を考えながら時間を過ごしているのだろう? 頭のなかのほとんどはクラシカルなロックのこと、後は映画やテレビ番組のこと? かねてより、ハリー・スタイルズはポップスの熱心な研究者であり続けてきた。ジョンとヨーコのアルバムや、フリートウッド・マックのレア曲などにこだわる男、それがハリー・スタイルズなのだ。「僕たちはみんな、ただのファンさ」とスタイルズは語る。「たまたま、僕は自分でも作曲する音楽ファンってだけのこと」。スタイルズに影響を与えたもの、インスピレーション源、ヒーローなど、今回はスタイルズの数々のお気に入りのなかから、ほんの一部を紹介する。 

1.ヴァン・モリソン

ヴァン・モリソンが1968年に陰鬱な雰囲気のアルバム『アストラル・ウィークス』を作曲した頃、ボストンのアイリッシュ・ブルースはすっかり廃れていた。「ダントツで好きなアルバム」とスタイルズは言う。「すべてが完璧なんだ」。先日、スタイルズは敬愛するモリソンとともにバックステージでの撮影にのぞみ、モリソンから貴重な笑顔まで引き出すのに成功した。「ヴァンのイメージと笑顔はあまりにかけ離れているから、背中をずっとくすぐってた」とスタイルズはジョークを飛ばした(もちろん、これは冗談)。スタイルズは、自らの初ツアーのSEにベルファストのドラァグクイーンを描いた壮大なバラード「Madame George」をセレクトし、ステージに登場するまでスピーカーで流した。「『Madame George』は大好きな曲のひとつだ。長さは9分。僕の曲にも長いものはあるけど、ここまで長いのはまだ作曲できてない」。