新型コロナ、米ポルノ業界に迫る危機
拡大する(全1枚)
ポルノビデオ出演者の間で感染が広まれば「大惨事になりうる」と、あるプロデューサーは言う。撮影が続行される中、現場から身を引くスターも。

過去2年間、ジゼル・パーマー氏はポルノ業界の中心地、米ロサンゼルスのサンフェルナンド・ヴァレーで多数のポルノビデオに出演してきた。すると今年に入ってから、新型コロナウイルスの噂が耳に入るようになった。本人いわく、LAから故郷のテキサスへ戻ってしばらく撮影現場から遠ざかることにしたのも、それが主な理由だという。

「コンテンツプラットフォームやストリーミングにシフトすることにしたの。これなら、共演者と身体的接触を取らずにすむでしょう。こういう決断をして本当に良かったと思ってるわ」と、彼女はローリングストーン誌に語った。「状況がいつごろ落ち着くか分かるまで、様子を見るつもりよ」

現場から身を引く道を選んだことで、パーマー氏は金銭的に大きな痛手を被った。本人の推測では、何万ドルものチャンスがふいになったという。それでも、自分の健康を守るためなら安いものだと、彼女は考えている。この業界も、忍び寄るコロナウイルス感染の脅威に十分な備えができていないと言う点では、アメリカの他の業界と変わらない。

現在、ポルノ業界内でのコロナウイルス感染者は報告されていない(ただし、コロナウイルスをヒントにしたポルノ作品はPornhubにあがっているが)。「他の皆さんと同じように、我々も全体的に苦境に陥っています」と、アダルトストリーミングサービスAdult Timeのディレクター兼チーフ・クリエイティブディレクター、ブリー・ミルズ氏は言う。