劇伴作家でありアーティスト、澤野弘之が語る創作の裏側

劇伴作家でありアーティスト、澤野弘之が語る創作の裏側
2005年に作家活動をスタートさせて以降、『医龍-Team Medical Dragon-』を筆頭にしたTVドラマから、『機動戦士ガンダムUC』『進撃の巨人』『ギルティクラウン』などのアニメまで、数多くの作品で劇伴を手掛けてきた人気作家・澤野弘之。

彼が作家活動15周年を記念して、キャリア2枚目となるボーカル楽曲ベスト・アルバム『BEST OF VOCAL WORKS [nZk] 2』を完成させた。

この作品は、DISC1に劇伴作家・澤野弘之名義で手掛けたボーカル入りの劇伴楽曲やアーティストへの提供曲を、Disc2に2014年以降スタートさせたアーティスト名義のプロジェクト・SawanoHiroyuki[nZk](サワノヒロユキヌジーク)の楽曲を収録。また、初回生産盤にはCD初収録の楽曲やBillboard Live Tokyoでのライブ映像なども追加され、近年の彼の活動の集大成とも言える内容になっている。劇伴作家/アーティストとして歩んできた15年間について、澤野弘之に聞いた。

―『BEST OF VOCAL WORKS [nZk] 2』は、澤野さんの作家活動15周年を記念した作品になっていると思います。まずは作家として本格的にデビューした2005年当時、どんなことを考えながら活動していたかを思い出してもらえると嬉しいです。

当時はまだ、つねに仕事があるわけではなかったですし、ひとつ仕事をしたら「果たして次はあるのかな?」という状態で。でも一方で、「劇伴作家を10年ぐらい続けたら、その後は安泰だったりするのかな?」と勝手に安易に考えたりもしていて……(笑)。とにかく、目の前の仕事に必死だったと思います。幸せなことにデビュー直後から順調にオファーをいただけてはいたので、そのことをありがたく感じつつも、同時に「劇伴作家としてやっていけるのか?」という不安も感じているという、何とも言えない感覚でいましたね。

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月8日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。