チープ・トリックのリック・ニールセンが語る、「最後の日」までロックを奏で続ける理由

チープ・トリックのリック・ニールセンが語る、「最後の日」までロックを奏で続ける理由
拡大する(全4枚)
1997年のアルバム『Cheap Trick』以降、インディ・レーベルでのリリースが続いていたチープ・トリックが、BMGと契約して再出発。スタジオ録音盤としては通算20枚目となるニュー・アルバム『In Another World』を完成させた。メジャー・レーベルからのアルバムは1994年の『Woke Up With A Monster』以来、実に27年振りとなる。プロデューサーは近年のアルバムを続けて手掛けてきたジュリアン・レイモンド。自身がチープ・トリックの大ファンである彼の匙加減がこれまで以上に効いており、ワイルドなバンド・サウンドの魅力を引き出す一方、”ツボ”を外さないメロディックな佳曲が揃った、バランスの良い作品に仕上がった。

チープ・トリックがエピックからデビューしたのは1977年。人気が先行していた日本市場向けに企画されたライブ盤『at 武道館』(1978年)が本国アメリカでも評判になり、これを機にワールドワイドでの成功をものにした。”ネクスト・ビートルズ”的なイメージ戦略で売り出された彼らはジョージ・マーティンのプロデュースで『All Shook Up』(1980年)を録音するも、ここでベーシストのトム・ピーターソンが脱退。セールス不振にあえいだ時期もあったが、トム復帰後の『Lap Of Luxury』(1988年)で劇的な再ブレイクを果たし、新たなファン層を開拓することができた幸運なバンドだ。しかし外部のソングライターの力を借りたポップ路線での再ブレイクについて、リーダーでギタリストのリック・ニールセンは複雑な心境であったことを公言し続けている(今回のインタビューで言っている「間違いをいっぱい犯した」にも、それが含まれると思っていいだろう)。

この記事の画像

「チープ・トリックのリック・ニールセンが語る、「最後の日」までロックを奏で続ける理由」の画像1 「チープ・トリックのリック・ニールセンが語る、「最後の日」までロックを奏で続ける理由」の画像2 「チープ・トリックのリック・ニールセンが語る、「最後の日」までロックを奏で続ける理由」の画像3 「チープ・トリックのリック・ニールセンが語る、「最後の日」までロックを奏で続ける理由」の画像4

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月8日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。